食器のスマートな収納方法は?スッキリ収納のルールとコツ

食器

食器棚の散らかる理由としては、各食器の置き場所が決まっていないことなどが挙げられます。使った食器をその都度適当な場所にしまっていると、どうしても食器棚の中がごちゃごちゃと散らかってしまいます。ここでは、散らからないようにする方法や食器収納のルール・コツをご紹介していきます。食器棚がスッキリと片付けば、料理や後片付けもはかどるでしょう。

食器収納のルールとコツ

取り出す

頻繁に使うものは取り出しやすく

頻繁に使う食器は取り出しやすい場所にしまうのが、食器収納のルール・コツです。楽に取り出せるようにするためには、収納する位置がまずは大切になってきます。出し入れがしやすいのは、一般的に自分の腰から目線の位置です。このような位置であれば、無理に手を伸ばさなくても食器の出し入れができるでしょう。腰より下の位置は、食器を扱う時に一旦かがまなければなりません。したがって、毎日使う食器をしまうのには余り向きません。

また、目線より上の位置も、背伸びなどをする必要があるので取り出しにくい場所です。体の安定が悪くなるため、出し入れの際に食器を誤って落としてしまう可能性もあります。高い位置の奥側は概して目が行き届かなくなることから、目的の食器を見つけるのに時間がかかることも少なくありません。こういった難点がある、腰の位置よりも下の場所や目線よりも上の場所には、使用頻度の少ない食器をしまうのがベターでしょう。

重い食器は下、軽い食器は上

重い食器を下に、軽い食器を上にしまうのも覚えておきたい食器収納のルール・コツと言えます。来客用の大皿や丼、菓子器などは、下の扉の中などにしまっておくと食器棚の安定が良くなります。

目線よりも上の上段は、例えばおしぼり用のトレーやプラスチック製の食器などをしまうのに適当な場所です。こういった場所に食器類をしまう時には、持ち手のあるカゴなどを利用すると出し入れがしやすくなるでしょう。カゴごと取り出せば、食器棚の中まで見通せなくてもしまってあるものが分からなくなってしまうことはありません。外から中身が見えるプラスチック製のカゴであれば、手に取る前に何が入っているか大よその見当がつきます。透明なアクリルケースなどを利用するのも、賢い方法になるでしょう。

カゴやラックでスペース有効活用

仕切り付き収納

実のところ、食器棚の片付けの際に重宝するのが、市販のカゴやラック、ボックスなどです。この手の製品は、食器棚の中の空きスペースをなくし、無駄のない収納を実現させてくれます。

例えば平らな皿を収納する時には、ディッシュラックなどを使うのも良いアイデアでしょう。重ねた状態でしまっていた皿を縦に並べるだけで、遥かに出し入れがしやすくなります。絵柄が一目で分かり、使いたい皿がすぐに取り出せます。上から順に皿を出していく作業は、意外に億劫なもの。時間や労力がかかりますので、忙しい時には特にストレスになるでしょう。ディッシュラックを利用すれば、必要な皿だけをサッと出せるため家事の負担が減ります。縦に並べてしまうと一般的に通気性が良くなることから、水切りが不十分な場合や湿気の多い季節でもカビの発生を防げる可能性があります。

吊るして収納

持ち手が付いているティーカップも、吊るして収納すると場所を取りません。ティーカップ専用のスタンドも、食器棚の整理に役立つアイテムの1つと言えるでしょう。持ち手を引っかける形で収納をするため、空いている食器棚のスペースを有効活用することが可能です。吊るしてしまう収納方法は見た目がオシャレなだけでなく、ティーカップの絵柄が違う場合でも選びやすくなるという利点があります。ディッシュラックを使用した時と同様に通気性がアップし、衛生的に食器を保管できるところも1つのメリットになるでしょう。

しまい方も工夫する

定位置を決めておくことは、食器を整理する上でも大切なポイントです。使用する頻度に合わせて収納場所を大まかに割り振ったら、今度はしまい方を研究してみましょう。手前から頻繁に使うものを入れていくと、合理的な収納が可能になります。大きさや高さなどを統一すると、凸凹がなくスッキリと収納ができるでしょう。

食器のテイスト別に場所を分けるのも、おすすめの方法です。例えば和食器と洋食器はそれぞれ別な場所にしまった方が、食器の場所を覚えやすくなります。食器の数が多いと、ついどこにしまったのか忘れてしまうこともあります。和食器と洋食器とである程度スペースを分けていれば、はっきりと場所を覚えていなくても大よその見当をつけて探すことが可能です。

探しものを減らす収納

女性と収納

探し物を減らせるような収納を心がけることも、スマートに食器棚を整理するためのコツです。ナイフやフォークなどのカトラリー、箸などは仕切りのあるボックスを使ってしまうとバラバラになりません。食器棚に引き出しが付いている場合でも、こういったボックスを利用するだけで整理整頓が楽になるでしょう。
食器棚が使いにくい時には、賢く市販のグッズを利用するのが良い方法です。ほんの少し工夫をするだけで、収納力がアップすることも考えられます。

プロに収納をおまかせする

片付けや収納が苦手な人、片付けをする時間が無い人、面倒な人は片付けのプロにおまかせする方法もあります。整理収納アドバイザーという片付けのプロが、あなたの家に合わせた収納を考えてくれ、実際に片付けを行ってくれます。詳しくは下のURLをご覧ください。

カジタクの整理収納サービスはコチラ!