エアコン内部のカビが子供に及ぼす影響とは?エアコンクリーニングでカビ予防!

部屋に取り付けているエアコン

普段のエアコン掃除はどのように行っていますか?ご家庭でできるエアコン掃除には限界がありますよね。定期的にフィルター掃除を行っていても、手の届きにくいエアコン内部にはホコリとカビがたくさん蓄積されているんです。そのカビが及ぼす、子供への影響をご紹介していきます。

どうしてカビが発生するの?

どうして?と悩む女性

エアコンは、お部屋の空気を吸い込んで設定温度に調節して吐き出すことで、お部屋の温度を調整しています。その空気を吸い込むときにホコリなどの汚れも一緒に吸い込む為、エアコン内部にどんどんホコリが溜まっていきます。また、冷房・除湿の運転時にエアコン内部の湿度が90%以上になるそうです。そういったエアコン内部に溜まるホコリや湿気が原因で、カビが発生しているんです!

小さなお子さまの影響

咳で苦しむ子供の顔

喘息や気管支炎

小さなお子さまは、部屋中に飛び回っているカビ胞子やハウスダストを吸い込んでしまうことで、身体に大きな影響を受けると言われています。大人であれば喉の痛みで済むような状態でも、赤ちゃんは肺に直接吸い込むことで、大きなダメージを受けてしまう危険があります。気づいた時には、“喘息や気管支炎”だったというご家庭も多くみられます。小さなお子さまは自分でうまく言葉を伝えられません。なので、軽い咳であっても咳が続くようであれば、速やかに病院で診てもらいましょう!

 

エアコン内部のカビ予防法は?

エアコンで送風している

使用前後の送風

冷房や除湿でエアコンを使用した後は、その度にエアコン内部を乾燥させることが重要となってきます。エアコン内部のホコリを吐き出し、カビの付着を予防する事ができます。

  • エアコン使用前に窓を開け、30分ほど空気の入れ替えをする。
  • エアコン使用後に、送風モードで20〜30分ほど運転させる。

フィルター掃除

週に1度のフィルター掃除を習慣づけるだけでも、カビ予防に繋がります。フィルターは、水分を残さないようにしっかりと乾かしてから取り付けましょう。また、フィルター掃除と一緒にエアコンの吹き出し口など、拭き掃除できそうな所を柔らかい雑巾で綺麗に拭くと更に良いですよ。水拭きした後は、必ず乾拭きして水分を取り除くようにしましょう!

最後に

小さなお子さんが喘息などの病気にならない為にも、日々のエアコン掃除を徹底していきましょう。フィルター掃除だけでは取り除けない汚れは、プロのクリーニングにお任せしてみて下さい!ご家庭では取り除けない汚れを、分解洗浄により徹底的に綺麗に洗浄してくれます。小さなお子さんの健康を守る為にも、小さなお子さんをお持ちのご家庭は、是非一度お試し下さい。

エアコン掃除を頼むならカジタク!

フィルターやカバー部分はもちろん、日ごろお掃除できないエアコンの内部パーツまで分解し専用洗剤で徹底洗浄エアコンメーカーと独自研修で高い技術力があるので、安心してお掃除をおまかせください!

エアコン掃除のビフォー・アフター

エアコン掃除をプロに頼むなら実績があるカジタクがオススメです

エアコンがキレイになると、電気代節約・臭いの解消・病気リスクの低減にもつながりますよ。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

カジタクのエアコン掃除はコチラ!