リュックの洗濯方法|手洗いから洗濯機を使った方法までご紹介

愛用しているリュックの汚れが気になるけれど、自分で洗濯できるかわからず悩んでいませんか?クリーニングに出すとコストが高くつくため、できれば自宅で洗えるといいのですが、型崩れや色落ちが心配ですよね。この記事では、リュックを自宅で手洗いする方法と、洗濯機を使った方法を解説します。いくつかのポイントを押さえれば、失敗を防いで簡単に洗えるので、ぜひチャレンジしてみてください。

リュックの洗濯表示をチェック

リュックには自宅で洗濯できるものとできないものがあるので、必ず洗濯表示をチェックしましょう。リュックのタグに「たらいに水が入ったマーク」や「洗濯機のマーク」が記載されていれば、手洗いも洗濯機洗いも可能です。もし「たらいにバツのマーク」があったら、水洗いはできないという意味なので、クリーニングに出しましょう。

たらいの中に書かれている数字はお湯の温度を表しています。「40」なら40℃以下のお湯で洗うという意味です。たらいの下に書かれている線は洗濯の強さを表しています。線がなければ通常の強さで洗ってOK、線が1本なら弱く洗う、線が2本なら非常に弱く洗うという意味があります。たらいのマークに「手洗イ」の文字が書かれていたら、洗濯機では洗えませんが、手洗いをすることは可能です。

レザー製のリュックは水洗いできないものがほとんどですが、ナイロン製やポリエステル製、布製のリュックなどは自宅で洗えるものも多くあります。まずは洗濯表示のタグを確認し、洗濯OKの表示があったら、自宅での洗濯に挑戦してみましょう。

リュックの洗濯に必要な道具と準備

リュックの洗濯に必要な道具と洗う前の準備について解説します。

#リュックの洗濯に必要な道具

・洗濯用中性洗剤
・洗濯おけ(手洗いの場合)
・洗濯ネット(洗濯機洗いの場合)
・バスタオル
通常の洗濯洗剤は汚れを落とす力が強いぶん、生地が傷みやすく、色落ちの心配もあります。ニットやおしゃれ着洗い用の中性洗剤を使いましょう。

#リュックを洗う前の準備

リュックを洗う前の準備として、リュックの中身を全部出し、ごみやほこりを取り除いておきましょう。ポケットの中などに溜まった細かい塵やゴミは、水でぬらすと固まって取れにくくなるので、乾いた状態で落としておきます。リュックのひもや金具など、外せるパーツはすべて外しておきましょう。

リュックを手洗いする方法

リュックを手洗いする方法を解説します。手洗いは洗濯機で洗うよりもリュックのダメージを最小限に抑えることができます。型崩れや色あせを絶対に防ぎたいというときには、洗濯機OKの表示があったとしても手洗いのほうがおすすめです。

背中やショルダーベルトなどの身体に密着する部分は、汗で特に汚れやすいので念入りに洗いましょう。目立つ汚れがある場合には、中性洗剤を直接汚れにつけて、ブラシやスポンジなどで部分的に洗っておくといいでしょう。最後のすすぎでは、リュックに洗剤が残らないように念入りにすすぐことが大切です。

#リュックを手洗いする手順

1.洗濯おけにリュックが浸かるくらいの水を入れる
2.分量の中性洗剤を溶かす
3.リュックを水の中に沈めて優しく押し洗いする
4.水を取りかえて優しく押すようにしてすすぐ
5.水がきれいになるまで3~4回水を取り替える

リュックを洗濯機で洗う方法

リュックを洗濯機で洗う方法を解説します。手洗いの場合と同じように、目立つ汚れがある場合にはあらかじめ部分的に予洗いしておくのがおすすめです。洗濯機で脱水まで行うと、リュックの生地が傷んだり、型崩れしたりする恐れがあるので、すすぎが終わったら脱水の前に止めるのがポイントです。洗濯機ですすぎまでの設定にするか、できなければ脱水に入る前に一時停止してリュックを取り出しましょう。

#リュックを洗濯機で洗う手順

1.リュックを洗濯ネットに入れる
2.弱洗いコース(手洗いコース、ドライコースなど)に設定して洗濯を開始する
3.すすぎまで終わったらリュックを取り出す

リュックを洗ったあとの脱水の方法・干し方

洗濯の方法だけでなく、その後の脱水の仕方や干し方も重要です。特に、脱水の工程でリュックが傷んでしまうことが多いので注意しましょう。洗濯が終わったリュックは、手で挟むようにしてある程度水分を落としたら、バスタオルでくるんでポンポンとたたくように拭き取ります。くれぐれもねじってぎゅっと絞ったりしないようにしてください。

リュックを干すときは、風通しのいい日陰で乾燥させます。直射日光が当たる場所に干すと、生地が急激に縮んで型崩れしたり、色が落ちてしまったりすることがあるからです。とはいえ、乾燥が不十分だと、雑菌が繁殖してカビが生えたり臭いがついたりすることもあるので、十分時間をかけて乾かすようにしましょう。リュックの底の部分には水が溜まりやすいので、逆さまにして底が上になるように干すといいでしょう。

リュックは意外と簡単に洗濯できる

難しそうなリュックの洗濯ですが、「中性洗剤で洗う」「優しく脱水する」などのポイントを押さえれば、自宅でも意外と簡単に洗うことができます。あまり頻繁に洗うとリュックが傷んでしまうことがありますが、汚れを放っておいても劣化が早まります。汚れが気になったらときどき洗濯するようにして、お気に入りのリュックを長持ちさせましょう。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!