ご飯を作るのが面倒なあなたに! すぐにできる絶品ズボラ飯

疲れているときや忙しいときにはご飯を作るのも一苦労。食事の支度もしたくないときに役立つのが、ズボラ飯です。少ない材料で作れたり、短い時間で作れるものばかりなので料理も苦になりません。レパートリーを増やしておけば毎日の食事にも応用出来て便利です。そこで誰でも気軽に作れるズボラ飯のレシピについて紹介します。

ご飯を作る体力がない…

料理があまり好きではない人はもちろんのこと、料理が得意な人でもご飯を作るのは面倒だと感じることがあります。仕事で疲れていたり、育児や勉強で忙しかったりとやる気を無くしてしまうこともあるのです。料理は時間を掛けて、手間を掛ければ美味しいものは出来ますが、ご飯を作る体力が無いときにはしんどいです。だからと言って質素な食事はしたくない、栄養はしっかり摂りたいものです。

そんなときは!

そんなときに頼りになるのがズボラ飯で、ちょっとした工夫さえすればすぐに作れます。栄養のバランスが考えられたレシピも多く、しっかりエネルギーもチャージ出来ます。また自分で考えたアレンジを加えたりと、自分のセンスの見せどころでもあるのです。

ズボラ飯ってなに?

ズボラ飯とは身近な食材で、簡単に作ることが出来るメニューのことです。2009年に発表された「花のズボラ飯」というタイトルの漫画によって作られた言葉で、この作品の影響で一般に広まったとされています。冷蔵庫にある食材ですぐにつくれて、少しアレンジを加えれば美味しくなる料理もズボラ飯です。

自分に合ったズボラ飯を

近年ではズボラ飯のレシピを集めたレシピ本が発売されたり、インターネット上で様々なズボラ飯のレシピが紹介されています。一人暮らしのためのズボラ飯や女子向けのズボラ飯、家族向けやキャンプの料理に応用するなど色々なタイプのズボラ飯が誕生しています。一人暮らし向けは盛り付けを気にしなかったり、女子向けはヘルシーでダイエットも出来るもの、家族向けはボリュームがあって子供から大人まで楽しめるものなど食べる人に合わせてレシピも作られているのです。

簡単にできてボリューム満点!丼ぶりレシピ

ご飯に食材を乗せるだけの丼レシピはお腹いっぱいにもなり、短時間で作れるのが魅力です。
炊いたお米と卵、チーズだけで出来るのが、たまご丼です。フライパンもお鍋も、包丁も使いません。用意するのはご飯一人分と卵一つ、麺つゆとお好みの量のチーズ。ご飯を容器によそったら真ん中をへこませて、そこに卵を割り入れます。爪楊枝や竹串で黄身や白身に穴を開けて、麺つゆとチーズを乗せます。軽くラップをして、レンジで一分半温めるだけです。お好みで青のりや七味唐辛子をふりかけて完成です。卵が半熟になり、チーズのコクも感じられます。

豆腐でヘルシーに

ヘルシーで大人から子供まで食べられるのがお豆腐の丼で、材料はお豆腐と天かすだけです。手でちぎったお豆腐を麺つゆで作っただし汁に入れてひと煮立ちさせます。仕上げに天かすも入れて、ご飯に乗せます。最後に小ねぎを散らして終わりです。

フライパンに入れるだけ!簡単パスタレシピ

お鍋やフライパンをいくつも用意する必要がないパスタです。パスタを茹でる、具材を炒める、ソースを煮込むのを一つのフライパンで完成させてしまいます。
お肉が沢山入ったミートソースパスタで必要なのは、パスタ一人前と挽き肉50グラム、人参と玉ねぎを2分の1個、トマトジュース200CCと水100CC、コンソメ小さじ1とオリーブオイル大さじ1です。

作り方

フライパンにオリーブオイルを入れて熱したら、みじん切りにした玉ねぎと人参を入れて炒めます。玉ねぎが透明になって人参も火が通ったら挽き肉を入れて、炒め合わせます。お肉の色が変わったら水とトマトジュース、コンソメを入れて煮立たせるのです。煮立ったら半分に折ったパスタを入れて柔らかくなるまで火を通します。パスタが茹で上がったら水分を飛ばします。

ご飯のお供に!サクッと作れるおかずレシピ

茄子と味噌の組み合わせでご飯が進むのが茄子の味噌炒めです。準備するのは茄子と豚ひき肉だけで、調味料は味噌小さじ2,砂糖小さじ1と水大さじ1です。茄子はヘタを取って縦にカットしたら、1センチ幅に斜めに切ります。フライパンにサラダ油を入れたら挽き肉と茄子を入れて炒めて、調味料を全て加えて味を絡ませます。サラダ油をごま油に変えると中華風にもなるのです。

ツナ缶を使ったレシピ

白菜とツナ缶のおかずレシピは電子レンジで加熱するだけの時短料理です。二人前で白菜が4分の1、ツナ缶1つ、調味料はお酒とお醤油が大さじ1、和風だし小さじ1と生姜のすりおろし少々です。白菜を適当な大きさに切ったら、白菜とツナ缶、調味料全てを耐熱皿に入れます。ラップをして電子レンジで5分加熱してよく混ぜます。お皿に盛り付けると立派なご飯のおかずです。

手軽に作れるおつまみレシピ

ピリッとした辛さが病みつきになるのがレンコンのペペロンチーノ風です。レンコンの歯ごたえが楽しめて、濃い味付けでお酒が進みます。フライパンで薄切りの豚肉を炒めて、色が変わったらにんにくと赤唐辛子、薄く半月切りにしたレンコンを加えます。レンコンに火が通ったら塩コショウをして味を整えます。

簡単ジャーマンポテト

ホクホクとした食感とピリ辛コショウがアクセントとなっているのが、ジャーマンポテトです。じゃがいもの皮を剥いたら水にサッとくぐらせて、ラップをして電子レンジで5分加熱します。柔らかくなったら取り出して軽く潰します。あらかじめフライパンで炒めておいたベーコンを合わせて、塩とコショウを入れて出来上がりです。お好みでマヨネーズを加えても良いです。余ったら翌日のサンドウィッチの具にしたりと、アレンジが出来るレシピでもあります。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!