洗濯物は分けて洗った方がいい?洗濯物を分けるメリットや分類の仕方とは

洗濯機と洗濯物

普段何気なく行っている毎日の洗濯。靴下やお子様の体操着、下着やパジャマなど洗濯する種類は様々ですよね。実は、この洗濯物の種類は正しい方法で分類し何回かに分けて洗うのが良いとされていることはご存知でしょうか?そこで今回は、洗濯物を分けて洗うメリットや分類の仕方についてご紹介していきたいと思います。

洗濯物を分けるとなぜ良いのか?

洗濯機のフタを開けている

私たちが普段着ている衣類の素材には水に弱いものや熱に弱いもの、手洗いしなければならないデリケートな素材など様々です。それらを一緒の洗濯機で洗ってしまうと素材が傷んでしまうのはもちろんのこと、汚れがしっかりと落としきれない可能性もあります。では、洗濯物を分けるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

洗濯物を分けて洗うメリットとは

洗濯物を見て微笑む女性

  • 他の衣類からの色落ち・色移りを防ぐ
    色の濃いデニムと真っ白なTシャツを一緒に洗濯してしまい色移りしたというケンケンはありませんか?洗濯物を分類して洗うことで、このような色移りや色落ちを防ぐことが出来ます。
  • 比較的キレイな衣類への汚れ移りが軽減される
    入浴後に体を拭いたバスタオルとお子様の履いていた泥だらけの靴下を一緒に洗うと、稀に汚れがバスタオルに移ってしまうことがあります。タオルはタオル、靴下は靴下で分けて洗うことが重要です。
  • 型崩れを防ぎ、品質維持に繋がる
    衣類にはチャックやボタンが付いているもの、装飾品がついているものなど様々ですよね。これらを一緒に洗濯してしまうと洗濯物同士が絡まったり最悪の場合は破ける・型崩れを起こしてしまうことも。このような悲惨な出来事を防ぐためにも分類して洗濯することは大事なことです。

正洗濯物の正しい分類方法とは

洗濯表示タグのアップ

洗濯物の分類には、まずどのような素材で出来ているのか洗濯機OKなのか?手洗いなのか?などを、洗濯表示タグを見て確認することが必要です。分類してみたはいいものの、その衣類がドライコースで洗わなければいけなかったなどという場合、素材を痛めてしまうこともあるため、まずは洗濯物の内容を知ることが必要不可欠です。
洗濯表示タグを確認して洗濯物を分けて洗うと言っても、具体的に分類の方法が分からないという方もいらっしゃると思います。そんな方にオススメの正しい分類方法は「素材で分ける」という方法です。

洗濯機がオススメ

主に下着やパジャマなどに使われている「綿」「麻」「アクリル」「ポリエステル」「ナイロン」は洗濯機で洗っても大丈夫だと言われています。毎日快適な着心地を実現するためにも、洗濯表示のタグを確認してから洗濯機に投入しましょう。

手洗いがオススメ

いわゆるオシャレ着と言われているスカートやセーター、ワンピースなどは型崩れの心配があるため手洗いで優しく押し洗いするのがオススメです。「ポリエステル」「ウール」「ナイロン」などがその代表的な素材です。

水洗いは控えるべき

「レーヨン」や「革製品」などの水洗いNGとされている素材はプロのクリーニングにお任せください!素材を痛めないように新品同様の状態で長く着続けるためにも、ここはプロの出番です♪

最後に

洗濯物を分類して洗うと汚れ落ちも良く、何回かに分けて洗うことで水の量もその都度最低限で済むので水道代も軽減されるはずです。素材にとっても家計にとっても良いことづくめなのです。明日からでもすぐに真似出来る方法なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか♪
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!