家でジャケットを洗濯する方法と型くずれさせないための注意点

ジャケットは、洗濯の際に型くずれしやすい繊細な衣類です。そのため、汚れたらクリーニングに出すという方も多いのではないでしょうか。しかし、ジャケットはやり方次第で家で洗うことも可能です。正しい洗濯方法さえ知っておけば、クリーニングに出す時間がないというほど緊急を要する場合に役に立ちます。家でのジャケットの洗濯方法についてまとめました。

家でジャケットを洗う方法

洗濯表示を確認

家でジャケットの洗濯をする際には、事前の準備が重要になります。まず、ジャケットのタグに明記されている絵表示の確認を行います。この際に洗濯機マークや手洗いマークがついていたら、家でも洗えるという印です。反対にドライマークや水洗い不可のマークがついていたら家で洗濯することができないという意味なので、無理せずクリーニング店を利用しましょう。

洗剤を選ぶ

次に、ジャケットの洗濯に適した洗剤を用意します。型くずれや色落ちを防ぐ成分が配合されたおしゃれ着用洗剤がベストです。いつもの洗濯に使っている洗剤ではジャケットを傷める恐れがあるので注意しましょう。

汚れをチェック

準備が整ったら、ジャケットの汚れ具合をチェックします。襟や袖口は直接肌が触れる部分ということで、他の部分よりも垢がつきやすくなっています。より丁寧にチェックして、もし汚れがひどいようであればシミ用の洗剤や漂白剤をつけて部分洗いを施しておきましょう。事前の部分洗いが、きれいに洗い上げるための秘訣です。

洗濯機で洗う

部分洗いが済んだら、ジャケットを裏返してきれいに折りたたんだ上で洗濯ネットに入れます。この作業は、型くずれを防ぐために必要なことです。洗濯機の設定は、絵表示に従って行います。洗濯機のマークに弱と表示されていた場合、適した洗濯機の設定はドライコースや手洗いコースとなります。手洗いマークがついている場合は、桶に洗剤を入れた水を張って全体を優しく押すように洗います。

この場合も、裏返して折りたたんでから洗った方が型くずれを防げます。繊維の隅々まで洗剤を行き渡らせたら、水を替えて泡が出なくなるまですすぎましょう。最後の脱水は、洗濯機を使うときれいに絞ることができます。ただし、洗濯ネットは必ず使用するようにして下さい。洗濯機で洗う場合も手洗いをする場合も、仕上げに柔軟剤を加えるとシワができにくくなります。

干し方について

ジャケットの型くずれの有無は、干し方によって決まります。そのため、自宅でジャケットを洗った際には干し方にも十分に気をつける必要があります。

ハンガーを選ぶ

脱水が終わったジャケットは、シワがつく前に取り出して広げます。その後、裏返しだったものを表側に戻してハンガーにかけます。この時に使用するハンガーは、ジャケットの肩幅とぴったりでなくてはいけません。大きすぎたり小さすぎたりすると、型崩れの原因となります。

また、薄いハンガーだとジャケットをしっかりと支えることができないため、ある程度厚みのあるハンガーを選ぶことが大事です。薄めのハンガーしかない場合は、いくつか重ねて使用することで厚みを持たせることができます。

その他、ハンガーにタオルなどの布を巻いておくとジャケットの肩部分がしっかりと固定されます。ハンガーにかけた時点でジャケットによれやシワがある場合には、手のひらで軽く叩いて伸ばしておきます。

また、襟部分の折り目の歪みや縫い目の縮みは、手で引っ張って修正しておくと乾いた時に型くずれしません。ハンガーにかけた状態で全体的に緩みを感じた場合は、間にバスタオルを挟むなどして立体感を再現します。

できるだけ着用した時の形状を再現して干すことが、仕上がりをきれいにするポイントです。ジャケットの生地は直射日光に弱いため、干す場所は日陰にしましょう。乾燥後も細かいシワが取れない時には、仕上げにアイロンをかけることでリカバリーできます。

家で洗濯する際の注意点

洗濯表示のタグは切らない

家でジャケットを洗濯する際の注意点としてまず、大前提としてジャケットを買った際に洗濯の絵表示がプリントされたタグを切ってしまわないということです。これが全ての指針となるため、読みもせずに捨ててしまうことは避けなければなりません。

シワをしっかり伸ばす

次に、洗濯ネットに入れる作業や干す際のシワのばしなど細かい作業を疎かにしないことも重要になります。全ての作業には型くずれさせないための知恵が詰まっているため、手間がかかるからと言って省いてはいけません。また、色物のジャケットの場合は他の洗濯物に色移りする可能性があるため、一つずつ個別に洗うようにしましょう。色落ちが心配な時には、色落ち防止成分が入った特殊な洗剤がおすすめです。

全てを完璧に行う自信がないという場合には、無理をせずプロに任せた方が賢明です。また、表地に布以外の素材で装飾が施されているような特殊なジャケットは、部品を破損させないためにも初めからクリーニング店に出した方が安心です。自分でできることとできないことを見極め、できることは可能な限り丁寧に対処するようにしましょう。それが家でジャケットを洗濯する際に必要な心構えです。

カジタクの保管つき宅配クリーニングはコチラ!