気になる油汚れのシミガンコな汚れの落とし方

毎日着る洋服は、気をつけていてもさまざまな汚れがついてしまうものです。特に油汚れは水に溶けにくい性質があるので、普通に洗濯するだけでは汚れが十分に落ちないことがあります。軽い汚れであればすぐに落とせますが、油分を多く含む油汚れは洗剤をはじいてしまうのです。今回は、なかなか落とすのが難しい油性のシミをきれいに落とす方法をご紹介します。油汚れにお悩みの方は、是非参考にしてください。

油汚れの種類

油汚れは、大きく3つに分けられます。

1つめは食事の際につくソースなどの調味料類による汚れです。特にソースやケチャップは色が濃く、頑固なシミになりやすいもののひとつです。

2つめは皮脂汚れです。皮脂は皮脂腺から分泌されるもので、大切な役割をもっているものです。しかし、皮脂が汚れを吸着する性質を持っているため、空気中のチリやホコリをくっつけてしまい、これが頑固な汚れになってしまうのです。さらに、襟や袖口は肌と擦れる機会が多いため衣類の繊維内に皮脂汚れが入り込みやすく、空気に触れ、酸化すると黄ばみへと変化します。

3つめは車や自転車に使われているオイルのなどの機械油汚れです。自転車や車の機械油は、黒くべったりと残ってしまうので家庭での洗濯は難しいといわれています。

とりあえずの応急処置

もし、外出先でシミをつけてしまった場合、道具がないからといってそのまま放置してはいけません。

まずは、固形の汚れを取り除きましょう。次に、ついてしまった油汚れをティッシュで汚れが広がらないように擦らずに拭き取ります。そして、衣類の下に乾いた布を敷き、上からハンドソープや石鹸を含ませたティッシュでトントンと叩きます。

汚れが取れてきたら、水で濡らしたティッシュでハンドソープや石鹸の成分を取り除きます。水分が残っているとシミが少しずつ広がってしまうので、仕上げに乾いたティッシュでしっかりと水分を拭き取ってください。これで応急処置は完了です。

油汚れは時間の経過と共にどんどん汚れが落としにくくなってしまいます。帰宅後は早めに処置をしましょう。

つけおきは有効?

つけおきは、普通の洗濯ではなかなか落とすことができない頑固な汚れやシミが付着した際に用いる方法です。

つけおきのポイントは、衣類をつけておく水をぬるま湯にすることです。ぬるま湯にすることで洗剤の洗浄力が向上し、油汚れは汚れが柔らかくなり、落ちやすくなるのです。洗濯表示のタグを確認し、設定された温度よりも少し低めにするとよいでしょう。

また、使用する洗剤は白い衣類なら蛍光剤が入った物を使用すると効果的です。色物の場合は色落ちが心配なので蛍光剤が入っていないものが安心でしょう。衣類をつけおきする時間は30分~1時間程度が目安になります。汚れが浮き、水に色が移ってきたら完了のサインです。いくら頑固な汚れを落としたいといっても、長時間水に浸しておくのはよくありません。

あまりも長い間つけおきすると、きれいな部分にまで汚れが付着してしまう恐れがあるので注意してください。

キッチン用洗剤で落とす!

調味料による油汚れを取りたい場合には、食器の油を落としてくれるキッチン用洗剤が効果的です。キッチン用洗剤は油汚れを落とすのに有効な界面活性剤が入っているので、衣類の油汚れを落とすのにも適しているのです。

さらに、キッチン用洗剤の多くは中性なので手肌に優しく、衣類の風合いをそこねることなく油汚れを落としてくれます。キッチン用洗剤は洗濯洗剤の代わりにではなく、洗濯前の前処理として使います。事前に処理しておく事で、油汚れが格段に落ちやすくなるのです。まずは、油を溶けださせるために汚れている部分をぬるま湯で濡らしておきます。

次に、汚れ部分に汚れが隠れる程度の量のキッチン用洗剤を直接塗り込んでください。綿などの強い繊維の衣類は揉み洗いしても大丈夫ですが、レースなどのデリケートな衣類の場合は歯ブラシなどで優しくブラッシングしたほうがよいでしょう。

クレンジングオイルでも

皮脂汚れによる黄ばみは、クレンジングオイルを使って解消しましょう。クレンジングオイルによって油の膜を剥がすことで、漂白剤を使わなくても簡単に汚れを落とせます。用意するものはクレンジングオイルとお湯を入れたマグカップ、歯ブラシの3つです。

まずは、黄ばみが気になる部分にクレンジングオイルを塗り込んでください。次に、マグカップの上に汚れた衣類を置き、歯ブラシでクレンジングオイルをなじませるようにブラッシングします。マグカップの湯気とクレンジングオイルが油汚れを分解するので、汚れが浮き出て広がらないように外側から内側に行うのがポイントです。

ブラッシングする歯ブラシは毛先が長いと力が分散されてしまうため、汚れが落ちにくくなります。かための歯ブラシで毛先が短いものを選ぶとよいでしょう。

頑固な汚れを

キッチン用洗剤でもクレンジングオイルでも落ちにくい汚れもあります。それは、自転車や車のお手入れをしているときについてしまう機械油汚れです。衣類についた機械油汚れは気づかずに洗濯してしまうと、油汚れが繊維の内部にしみ込んでしまいます。落としにくくなってしまうので、気づいたらその日のうちに対処するのが大切です。

機械油汚れにはクレンジングオイルとキッチン用洗剤の合わせ技を使いましょう。クレンジングオイルを使って浮かび上がらせた汚れを、キッチン用洗剤に含まれる界面活性剤の作用できれいに落とすのです。

まずは、衣類の下にタオルを敷きます。次に、クレンジングオイルとキッチン用洗剤の混合液を歯ブラシにつけてトントンと叩きます。汚れがひどいときにはキッチン用洗剤を追加し、揉み洗いしてください。汚れが浮き出てきたら水でゆすぎ、通常の洗濯をします。

機械油の汚れは、時間が経つごとに落ちにくくなるので、汚れを完全に落とすのは困難です。どうしても汚れが落ちないときは無理せず、クリーニング専門店に依頼をしましょう。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!