汚部屋の原因は片付け方法にあり?散らからない部屋を作る片付けのコツ

物が少なく片付いたリビング

モノが増える一方でどこにしまえばいいのかわからない、家が狭くて収納が足りない、片付けてもすぐに元通りになってしまう、掃除しようと思うと部屋が散らっていてイヤになる…心当たりがある方必見です。散らからない部屋にするためには正しい片付け方法が必須です。誰でも簡単に実践できる片付けのコツをご紹介します。

片付けと掃除は違います

洋服を引き出しにしまっている

掃除と片付けを同じように考えている方も多いと思いますが、実は全く別物です。
掃除は清潔な空間を作ることで、片付けは整理整頓された空間を作ること。
部屋を片付けると、部屋がきれいになる以外にもたくさんのメリットがあります。

時間的メリット

片付けの行き届いた部屋は掃除機をかけるのも楽なので掃除時間が短縮されます。
また、自分のモノの位置を把握できれば、今まで探し物に費やしていた時間がなくなります。

精神的メリット

散らかった部屋ではリラックスできないし、いつも片付けに頭を悩ませている状態が続きます。キレイな部屋ではすっきりとした気分で生活を送ることができます。

金銭的メリット

モノの量と位置を把握できれば、買ったことを忘れていたもの、なくしたと思っていたものを重複して買うのを防ぐことができます。

片付けと散らからない部屋のコツ

たくさん並んだ箱

片付けに必要なことは、自分の持っているモノの量と位置を的確に把握することです。

モノの位置を決める

使ったら元の場所に戻す。この動作の徹底で散らからない部屋にかなり近づけます。そのためには、一つ一つのモノをきちんとしまう場所を決めることが必要です。

収納スペースの見直し

むやみに収納ケースを買ったりして収納を増やすのはおすすめしません。不要なモノが増える原因になってしまいます。適切な収納スペースを確保して、使わないものを奥の方にしまう、ぎゅうぎゅうにしないといったことを心掛けましょう。
床にモノを置くことは部屋が散らかる原因になるので辞めてください。突っ張り棒やラダーラックを使えばスペースの有効活用ができます。

家中を一気にまとめてやる必要はありません

今日は食器棚、次はクローゼット、というように時間を見つけて少しずつ行うことを習慣にしましょう。その際、本や服など家の至る所にあるものは集めてきて一気に片付けてしまうのがおすすめです。

片付けのための5つのステップ

1. 片付けのモチベーションを上げ、片付ける決意をする

いざ片付けようと思っても、なかなか重い腰があがらない、どこから手をつけていいかわからないという人も少なくありません。綺麗な部屋で暮らしたい、人を招きたい、整理整頓された状態をキープしたいなど明確な目標が持てれば、モチベーションは上がります。また、これといって思いつかなくても、とにかく、片付けようと決意することが大事です。片付けは、いったん始めれば、徐々に意欲が湧いてくるものです。その都度、ビフォーアフター写真を撮っておくなど、効果を確認するのも励みになるかもしれません。

2. 片付けの基本は、要らないモノを捨てることから

ゴミ袋と保留箱などを用意して、とにかく要らないモノは処分していきます。迷うものはいったん、保留箱に入れ、同じ系統のモノは出来るだけ、近くに集めておきます。
不要なモノを捨てるのは、今の自分にとって必要なモノを選ぶ作業であり、気持ちが上がる好きなものか、実際に使っているかといった審査基準を持ちましょう。
衣類などは、収納スペースに入るだけ、数年着なかったものは処分するなど、マイルールを決めると捗ります。

3. 小さいところから始めて、残すものはカテゴリー別にまとめておく

どこから始めてもかまわないのですが、小規模なところから手をつけるのがオススメです。引き出しや戸棚など、区切りのいいところから一つ一つ片付けていくと、達成感が得られやすく、やる気をかきたててくれます。捨てないもの、残すものは衣類、小物、本などカテゴリー別にまとめます。

4. 置き場所を決めて、定位置にしまう

モノの収納場所を決めて、カテゴリーごとにまとめたものをしまっていきます。食器は食器棚に、小物類は同種類を引き出しに、本は本棚、衣類はクローゼットやタンスなどへという具合ですね。当たり前に思われるかもしれませんが、片付いていない部屋ではあちこちにモノが散乱していることが多いです。

5. 常に微調整とメンテナンスを心がける

いったん片付いたからと、そのままにしておくと、生活と共にまたモノが移動したり、増えたり、散らかったりしかねません。使ったら、その都度、定位置に戻すことを徹底します。モノが増えたり、収納スペースに収まらなくなったら、見直して要らないものを処分しましょう。
このメンテナンスが習慣づくと、綺麗に片付いた部屋をキープしやすくなります。

断捨離に挑戦

段ボール3つ

断捨離と聞くと、要らないものをたくさん捨てることをイメージする方が多いのではないでしょうか。発想を変えて、自分にとって本当に必要なものを選別して残す作業だと考えてみてください。よく使うもの、大切なものを要らないものと一緒にぎゅうぎゅうに詰め込むのをやめて、使いやすいように、傷まないように、見つけやすい場所に配置するための作業です。

洋服

よく着るものとあまり着ないものを分けます。あまり着ないものは、デザインが気に入っているものと、傷んでないから捨てていないものを区別して、気に入っているもの以外は捨てるなり売るなりしましょう。部屋着に…という考えはNGです。部屋着は部屋着でお気に入りのものを着た方がリラックスできます。

家の中にある本を一か所に集め、よく読むものやシリーズで購入してずっと大切にしているものを優先的に本棚に並べます。いつか読もうと思っている本は思い切って捨ててしまいましょう。読みたくなった時に買うなり借りるなりした方が本当に必要な本を読むことができます。

小物

小物は使う頻度で収納場所を決めます。よく使うものは手の届くところ、あまり使わないものは収納ボックスの中へ。家の中でたくさん見つかるなにかについていたおまけ、いつか使うと思ってとっておいたもの、よくわからない電気コード…はっきりと使う瞬間が想像できないものは大抵要らないものです。

思い出の品

子どもが書いた絵、旅行先で買った置物、捨てられないものってたくさんありますよね。一旦、写真に撮って残しておく方法を検討してみてください。必ずしもその形のままで置いておく必要はありません。

捨てるか、捨てないか、見極めのコツ

大事なことなので、繰り返しますが、片付けの基本は捨てることから始まります。上手に捨てることが出来れば、片付けはスムーズに進みます。片付けが苦手な人の多くは、モノが捨てられない傾向がみられます。
こうした場合、自分なりの捨てるものの基準を持つことで、捨てるか捨てないかの見極めが楽になります。
一般的には、使っていないモノ、必要ないものを捨てることになりますが、何でも捨てればいいというものでもありません。大好きでステキだと思う、自分にとって重要だというものは残します。つまり、その人の持ち物は、その人の個性を表わすともいえます。
ただ、人には所有欲もありますから、迷うものは処分するのが無難な場合が多いと覚えておきましょう。生活にも新陳代謝が大事です。
いずれにしても、モノを捨てる見極めは、今の自分にとって本当に何が必要かを考えるいい機会にもなるでしょう。

賢い収納のためのアイデア

それぞれのモノの収納スペースを決めることです。決めたら、基本的にそこに収まるように工夫しましょう。新しい入れ物や棚などを増やすのは、それなりの理由があるときだけにします。収納場所を増やすと、モノだけでなく、片付けの手間も増えます。
よく使うモノは目につき取り出しやすいところ、普段使わないものは見えない収納にするほか、見えない収納は何が入っているかを明記して、忘れないようにします。
また収納スペースには、きっちりモノを詰め込むのでなく、多くても八割程度にして、余裕を持たせておきましょう。

片付けが困難な場合はプロにお任せ!

パソコンを手にしたスーツ姿の女性

どうしても難しい、なかなか決心がつかないという方は思い切って専門家に相談してみましょう。整理収納アドバイザーの資格を持った片付けのプロフェッショナルが収納術を伝授し、あなたの家に合わせた片付けを行ってくれます。
片付け名人パックでは、不要品の見極めや適切な収納方法の提案などを行い、お客様の要望に沿ったお部屋作りのお手伝いをさせていただきます。申し込みから予約まで全てがネット上で完結し、日曜日を除く月〜土曜日・祝日の10:00~19:00から選べるため、予定に合わせてフレキシブルに予約できます。
プロにお任せすれば、短時間でこんなにきれいになります。


散らからない部屋を一度経験すれば、維持するための努力は自分でもできそうですよね。

最後に

片付けのコツをご紹介しました。部屋が片付くと気分もすっきりと快適な生活をおくることができますよね。自分の方法ではカバーしきれない部分はプロに相談してみるのもおすすめです。片付けのコツをつかんで、散らからない部屋を目指しましょう。
カジタクの片付け名人パックはコチラ!