シャツの襟汚れはコレで落とす! 予防方法も紹介

YシャツやTシャツなどの襟汚れが気になってしまう、という方も多いのではないでしょうか。毎日洗濯しても黒ずみや黄ばみが徐々に目立ち始めてしまう、洗っても汚れが落ちなくて困るといった悩みを多くの方が抱えています。今回は、シャツの襟元の汚れを効果的の落とす方法や黒ずみや黄ばみなどを予防するにはどうしたらいいのかといったことについて解説します。

シャツの襟汚れがつく原因

そもそもシャツの襟にはどうして汚れが溜まってしまうのでしょうか。洗濯をして他の部分は真っ白になるのに、襟だけは汚れが溜まっていって黒ずみや黄ばみになってしまう原因、それは皮脂にあります。

まず衣服の汚れには食べ物やインクなどを落としてできてしまう汚れと、皮脂によるものがあります。襟汚れは毛穴から出る皮脂が襟についてしまうことで起こります。まずは皮脂が付いた部分が黄ばみになりそこにほこりや汚れが付くことで黒ずみになってしまうのです。

汗も原因になる

汗なども汚れの原因になりますから、夏場により黄ばみや黒ずみが多くなってしまうのはこのためなのです。皮脂や汗が原因なら他の部分にも黄ばみなどができていてもおかしくないのに何故襟元に集中するのかというと、襟元は首などに擦れる部分であるため、衣服の繊維の奥まで皮脂が入り込んでしまい洗濯しても落ちにくくなっているという要因があります。

同じように、わきなども肌と皮膚が擦れる部分であるため汚れが溜まりやすい部分だと言えるでしょう。洗濯しても落ちにくい汚れは残ったままになってしまい、それがどんどん蓄積していくことで目立つ黄ばみや黒ずみになってしまうというわけなのです。

軽い黄ばみを落とす方法

まず、軽い黄ばみ程度の襟汚れを落とすには、40度程度のぬるま湯と食器用洗剤を用意してください。食器用洗剤ではなくてもメイク落としに使うクレンジングオイルなどでもいいです。

手順

  1. シャツの汚れているエリの部分をぬるま湯につけます。渇いたところに洗剤を塗るよりも湿らせた方が浸透がいいので、軽くで結構ですからシャツを湿らせましょう。
  2. その後は、襟汚れに直接洗剤を塗って揉み洗いをします。古い歯ブラシなどで擦るのも効果的ですがあまり力を入れすぎると生地が傷む可能性があるので、優しく擦ってください。
  3. ある程度揉み洗いをしたらぬるま湯で洗剤を落として、いつも通り洗濯機で洗濯をします。すると、軽い黄ばみぐらいなら綺麗に落ちるでしょう。

頑固な黒ずみを落とす方法

次は頑固な黒ずみを落とす方法です。まず、前述した黄ばみを落とす方法を実践してください。その後に、酸素系漂白剤を溶かしたぬるま湯に20~30分シャツをつけておくだけで、黒ずみが改善します。ここで注意してほしいのは漂白剤の種類です。塩素系の漂白剤だと色落ちしてしまいますから、かならず酸素系漂白剤を使用してください。つけた後に、通常通りに洗濯機で選択すればOKです。

それでも落ちない汚れには

それでも落ちない頑固な襟汚れの場合には、セスキ炭酸ソーダや重曹、クエン酸などを使って落としましょう。セスキ炭酸ソーダや重曹はドラッグストアや百円ショップなどでも売っています。セスキ炭酸ソーダでの洗濯方法は、水500mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を入れてスプレーなどで汚れに吹きかけます。20~30分程度そのまま放置したら軽く汚れ部分を揉んで、そのまま洗濯機に入れてください。重曹とクエン酸を使う場合には、250mlの水に小さじ1杯の重曹を溶かして、その重曹液を汚れ部分に古い歯ブラシで塗ります。重曹を塗った部分にクエン酸液(水100mlに小さじ1/2程度を溶かしたもの)をスプレーするとシュワシュワと泡立ちますので、そのまま洗濯機に入れましょう。

自宅で落ちない場合はクリーニングもオススメ

もし上記の方法を試してみても十分に綺麗にならなかった場合には、クリーニングに出してみるのも一つの手です。クリーニングなら過程では綺麗にしきれないような細かい汚れや深い汚れも取り除くことができますし、アイロンがけされて戻ってくるというのも大きなポイントです。

基本的に、服へのダメージの少ない特別な洗剤を使って洗濯してくれますので、服を長く使痛いという方にもオススメです。

価格はシャツ1枚あたり100~200円が相場ですが、高級クリーニングを選ぶと、〜400円になる場合もあります。

宅配クリーニングもオススメ

クリーニング店までの往復が面倒臭いという方にオススメなのが、最近注目されている宅配クリーニングサービスです。自宅に届いた宅配ボックスに衣類をたたんで入れ、送るとクリーニングされて帰ってくるというサービスです。

中には冬場を過ぎると場所を取ってしまうコートやダウンをクリーニング後そのまま保管してくれるところもあります。保管環境も徹底されているところが多いので、安心できますね。

価格は通常のクリーニングよりも少し高めに設定されていますが、その分より充実したサービスが受けられます。

汚れの予防方法

せっかく綺麗に洗濯してもまたすぐに汚れてしまったのでは意味がありませんから、汚れの予防をしましょう。汚れをつきにくくすれば、襟元に汚れが溜まることなく通常の洗濯のみでも綺麗さを保つことが可能です。

ベビーパウダーを塗る

まず一つ目の方法としては、ベビーパウダーを塗るという方法があります。本来は、赤ちゃんのあせもなどを予防するためのパウダーですが、汗や油を吸収するという特性があります。ですので、洗濯して乾いた後に軽く襟元にはたいておくと汚れ防止に繋がるのです。また、赤ちゃんに使われるものですから肌に優しいというメリットもありますので、安心して使うことができるでしょう。お値段も手ごろですし、襟汚れ防止だけでなく制汗剤としても利用できますから試してみてください。

のりでコーティングする

その他にも、のりでコーティングするという方法もあります。薬局などでシャツに使えるスプレータイプののりが売っていますから、それを買ってきてスプレーしアイロンをかけると汚れ防止になります。ただしこれは襟部分がカッチリと固まりますので、ふんわりとしたシャツなどには使えませんが、通勤用のYシャツなどには効果的です。さらに、こまめに汗を拭くということも、汚れ防止に繋がります。汗が流れるとそれと一緒に皮脂も襟に染み込んでしまいますから、汗をこまめに拭いて襟につかないようにするというのも効果があります。

保管方法に気をつける

保管の方法に気をつけるのも、シャツを長く使うための方法の一つです。まず、1枚のシャツを連続で何日も着るのは控えましょう。
連続できるとその分ダメージが蓄積されてしまうので、1日着たら数日休ませておくのが基本です。

また、一人暮らしのワンルームのお部屋では湿気が溜まりやすい部屋がほとんどですので、クローゼットの湿度にも気をつけるようにしましょう。
もし湿気が多い部屋だと感じたら、少なくとも週に1度は1時間以上の換気をするようにしましょう。冬場はなかなか難しいですが、湿気対策はしっかりと行わないとカビやイヤな匂いの原因にもなりますので、気をつけてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?シャツに汚れがたまってしまうと、着るのも億劫になってしまいますよね。長く快適にお気に入りのシャツを着るためにも汚れ対策はしっかりと行うようにしましょう。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!