意外と忘れがち。電子レンジの外側はどうやって掃除するの?

:一般家庭によくある電子レンジ

電子レンジの汚れと聞くと、内側のギトギト油汚れや焦げ付きを想像する方も多いと思います。しかし、キッチンに常に置いてある電子レンジの外側も内側と同じように汚れているのです。そのまま放置しておくと汚れが固着し取れにくくなってしまいます。手遅れになる前に電子レンジの外側もキレイにしてしまいましょう!

汚れたまま使い続けると・・

電子レンジの温度を調節している

直接的に油が飛んだり焦げたりということは少なくても、キッチンには様々な汚れが潜んでいます。汚れが溜まったまま、放置しているとどのような問題が起きるのでしょうか?

機能の低下

電子レンジの外側には通風口があるのをご存知ですか?電子レンジの脇や後ろなど、ついているところは様々ですが電子レンジの温めるという機能を正常に行うためには重要な穴なのです。そこに、ホコリが溜まったり汚れで塞がっていたりすると機能が低下してしまいます。

電気代の増加

先ほどの「機能の低下」に加えて、温める時間が長くなり稼働時間もかかることになります。そのため、電気代もかさみ家庭に大きなダメージを与えることになるのです。

外側の掃除方法

重曹やクエン酸など掃除に使用する道具

ご家庭にあるであろう「重曹」「クエン酸」でピカピカにしてしまいましょう!重曹はスーパーや100円ショップでも販売していますし、クエン酸が無ければお酢・レモン汁でも代用が可能です。

重曹で擦る

水を含ませて軽く絞ったスポンジに、重曹を粉のまま振りかけたら準備はOKです。汚れの気になるところを重点的に磨いてください。焦げや油がギトギトしているところも、ここで落としてしまいます。なかなか落ちない汚れは「重曹」「擦る」を繰り返しているうちに浮き上がってくるので根気よく行いましょう。

乾いたタオルで拭きとる

汚れを落とし終わったら、乾いたタオルで拭き取っていきます。このとき汚れが残っていると、その汚れにホコリなどが付着し、すぐにまた汚れてしまうのです。

クエン酸で仕上げ

水200mlに対してクエン酸を小さじ1混ぜ、スプレーボトルなどの容器に入れクロスや布巾に噴きかけます。ここでオススメなのがマイクロファイバーのクロス!極細の繊維で残った汚れを絡めとり、ピカピカにしてくれます。乾いた清潔な布巾で拭き掃除をして完了です。

注意すること

電子レンジを拭き掃除している

電子レンジの外側を掃除する際に気をつけることがあります。

直接、スプレーするのはNG

電子レンジの外側には通風口があります。拭きかけたスプレーの洗剤が万が一その穴に侵入してしまった場合、電子レンジの故障に繋がることもあります。使用の際は、布巾やクロスまたはスポンジに噴きかけて擦るようにしましょう。

最後に

電子レンジの外側も、内側と同様に汚れていることはお分かりいただけましたか?普段から、汚れを見つけたらすぐに拭き取るよう心掛けていれば掃除も簡単に出来ますよね。食品を扱う場所なのでいつでもキレイに保ちたいですね。もし中々落ちない汚れがあったらプロのクリーニングに依頼してみましょう。電子レンジの掃除はオプションなので別料金にはなりますが、ピカピカに仕上げてくれますよ♪
カジタクのキッチンクリーニングを見る

キッチンクリーニングを頼むならカジタク!

コンロ五徳の浸け置き洗浄から排水口のぬめり取り、ステンレス類の磨き上げまで面倒な箇所をまとめてきれいに!
花王と共同で使用洗剤を厳選しているから、安心してお掃除をおまかせください!

キッチンクリーニングのビフォー・アフター

キッチンクリーニングをプロに頼むなら実績があるカジタクがオススメ

キッチンがキレイになると、毎日の料理が楽しくなりますよ。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

カジタクのキッチンクリーニングを見る