トイレ掃除に必要な道具と洗剤とは?便器から床まで掃除できるアイテム!

白を基調とした清潔なトイレ

毎日使うトイレや洗面所。気が付いたら水垢や黄ばみが!なんてことありますよね。ブラシでゴシゴシと擦っても取れないことが多いです。そこで今回は、トイレ・洗面所の気になる頑固な汚れに効果的な洗剤や道具についてご紹介していきたいと思います。ご家庭にある物を使ってピカピカにしちゃいましょう♪

トイレ汚れの原因は?

トイレの黄ばみは、尿石が原因です。黒ずみは、黄ばみにカビが入り込んだものです。
また、見落としがちですが、服などのホコリもトイレには蓄積しています。汚れを放置しておくと菌がたまっていくので、衛生上良くありません。臭いの原因もやはり、尿。なかなか掃除したくないトイレですが、やはり掃除をしないと良くないんですね…。

汚れが溜まりやすい部分

掃除をしているつもりでも、なかなか汚れが落ちていない場所もあります。

トイレの便器の淵の裏側は、尿石が溜まりやすい箇所です。ササッと便器をブラシで掃除しただけだと、縁の裏側までは掃除しないですよね。

また、便座の裏も汚れが溜まりやすい場所です。便器は見えるため、掃除をしよう!という気にもなりやすいですが、見落としやすいのが便座の裏。ここも見落としがちなだけで、汚れが溜まりやすいのです。

「サボったリング」と呼ばれる、輪っかのような汚れが便器にできてしまうこともあるのではないでしょうか。これは尿石と水垢の混ざったものです。このリングに菌が溜まりやすく、汚れはさらに増えていくという悪循環が生まれてしまいます。

重曹

重曹と一般家庭にある掃除用品

重曹は「弱アルカリ性」で、カビに含まれるタンパク質を分解してくれます。また重曹特有の細かい粒子は傷をつけずに汚れを落とす研磨剤のような役割もあるんです。トイレのイヤな臭いも消してくれますよ。

重曹スプレー

重曹大さじ1とぬるま湯200mlを混ぜた重曹スプレーを作りましょう。布巾やスポンジに重曹スプレーを吹き付け、便器の蓋やタンクの外側などを拭きます。仕上げに水拭きをするとピカピカになりますよ。

便器内の掃除に

便器の内側の黒ずみなどにも効果が期待できますよ。便器の中、全体的に重曹スプレーを吹きかけ3~5分放置します。そのあと、トイレ用ブラシで磨くと汚れが落ちやすくなるんです。

クエン酸

クエン酸とレモン

水垢や尿石などの汚れは「アルカリ性」。アルカリ性の汚れには酸性のクエン酸が効果的です。アルカリ性の汚れは放っておくと菌が繁殖し悪臭の原因になります。

クエン酸スプレー

クエン酸小さじ1に対して水200mlを混ぜクエン酸スプレーを作ります。クエン酸は重曹とは違い溶けやすいため、汚れがひどい場合はクエン酸の量を増やしたりして調節を行うことが出来るんです。

水垢や黄ばみに

タンク上や洗面所の水垢には、クエン酸スプレーが効果的。水垢にクエン酸スプレーを散布し、メラミンスポンジで擦ったり軽い汚れなら布巾に吹きかけて拭くだけでもOKです。

重曹とクエン酸の併用

重曹やスポンジなどトイレ掃除に使う物

なかなか取れない汚れは、クエン酸と重曹を併用してキレイさっぱり落としてしまいましょう。クエン酸がご家庭にないときは、お酢・レモン汁でも代用できますよ。

モコモコの泡で汚れを浮かす

水が溜まっている部分の黒ずみは擦っただけではなかなか落ちません。頑固な汚れには、重曹・クエン酸の順に粉のまま振りかけてください。溜まっている水と反応し発泡し、この泡が黒ずみを浮かし落としやすくするのです。あとはトイレ用ブラシで軽く擦ればするんと汚れが落ちますよ。

重曹とクエン酸だけだと酷い汚れは落ちない

重曹とクエン酸は万能ですが、こびりついた酷い汚れは落ちないのです。そんな時はプロにクリーニングを頼むのがおすすめです。プロが実際にどんな手順で掃除をしてくれるかはこちらの記事を参考にしてみてください。

プロに聞く!トイレ掃除の方法!汚れの原因から徹底解説

汚れを防止するには

こまめな掃除

落とす際に労力が必要になるトイレの黄ばみは、できれば日頃の心がけで予防するのがベストです。尿石が便器につくのを防ぐには、やはりこまめな掃除が欠かせません。トイレ用の洗剤で毎日便器の中まで洗っていれば、黄ばみが重症化するのを防げるでしょう。泡タイプのトイレ用洗剤なら、便器の返しの部分まで洗浄ができます。ややコシのあるトイレブラシを選び、尿石の予備軍をしっかりと落としておきましょう。トイレブラシの種類も大変増えていますので、便器の形を考えながら適材適所の商品を選びたいところ。細かい部分までしっかりと洗いたい時には、大きいブラシの他にやや小ぶりのブラシを用意しておくと使い分けができて便利です。

洗浄剤

トイレ掃除を楽にしてくれるアイテムとしては、例えば芳香機能付きの洗浄剤なども挙げられます。トイレタンクを設置している家庭であれば、このようなアイテムをタンクに置くだけで、便器の中が自然にクリーニングできます。また、新たに登場しているのが、便器に直接貼って使用するジェル状の洗浄剤。これらの商品の多くは、界面活性剤などが配合されているため、水を流すたびに便器の表面についた汚れが洗い流されます。洗浄効果によって尿石なども付着しにくくなり、毎日のトイレ掃除の負担が大幅に減るでしょう。香りがついていれば、不快なニオイが軽減されトイレの環境もぐっと良くなります。トイレの黄ばみは、このような専用のアイテムを利用してある程度防ぐことが可能です。

ここでご紹介したような、トイレ掃除に必要なもの、掃除方法を知っていれば気になる汚れにもすぐに対処ができるでしょう。予防方法も押さえておき、賢く家のメンテナンスをしてみてください。

プロにお任せする

毎日使うトイレは、どうしても汚れが蓄積してしまいますよね。その都度、掃除するのも時間と労力が必要です。重曹とクエン酸を使っても落ちない汚れはプロのトイレクリーニングを頼むのもオススメです。

汚れの種類や場所に合わせてプロが機材・洗剤を使い分け、黒ずみや水垢等のしつこい汚れを徹底洗浄し、隅々までなどをピカピカにします。ふだん手の回らないタンク内、ノズルなどすみずみまでお掃除します。申し込みから予約まで全てネット上で完結するため利便性が高く、仕上がりに満足いただけない場合はもう一度やり直しができる品質保証付きで、質の高さという点でも安心です。
カジタクのトイレクリーニングはコチラ!