ワーママは毎日をどう過ごしている?毎日を楽しく過ごすコツは?

メディアなどを見ると「ワーママ」という単語が出ることがありますが、ワーママの意味をよく知らない人も中には居るのではないでしょうか。ワーママとは仕事をしながら家事や育児をしているお母さんたちのことを指しています。家事や子育てだけでなく、仕事もこなしているワーママの1日のスケジュールや両立させるコツなどについてここでは解説していきます。

1日のスケジュール

では、ワーママの1日のスケジュール例を見ていきましょう。だいたい朝は誰よりも早く起き、家族のお弁当の準備と朝食の準備に追われます。一通り朝の準備が終わったら家族を起こし、朝食後は急いで自分の身支度を整えなければいけません。その後小さい子供が居る場合は幼稚園や保育園に送り届けて会社へ出勤します。

小さい子供が居る場合は仕事が終わって退勤後はすぐに幼稚園または保育園へお迎えに行き、子どもと一緒に帰宅しますが、晩御飯で必要なものがあれば帰るまでに買い物を済ませることが多いです。

帰宅後はすぐに夕食の支度をして夕食を食べ、夕食後はお風呂に子供を入れた後寝かしつけをします。子供が寝たらお皿を洗ったり洗濯など残った家事をこなしたらやっと自由に過ごすことができるのです。このようにとても忙しい毎日をワーママは送っています。

自分1人で全部こなそうと思わない

家事と育児、そして仕事を両立させるための最大のコツは全部自分1人でやろうと思わないことです。家事と育児を毎日こなそうとするだけでも大変なのですから、そこに仕事も加われば普通に考えれば1人でこなせるキャパシティを完全にオーバーしています。

家にいるのはお母さん1人ではありません。旦那さんだっていますし、子どもだって居ます。旦那さんは大人ですからある程度のことはできるはずですし、子どもだってあまりにも小さければ1人でできることはほとんどありませんが、小学生中学生にもなればそれなりのことはこなせます。

ですから自分1人では全部できないと思ったら、どんどん周りの人に協力してもらうようにしましょう。そうすることで自由な時間を確保できます。

1度でやってもらえると思わないで毎回指示を出そう

手伝ってもらえることはどんどん家族に手伝ってもらえばいいわけですが、ここで1つ注意点があります。それは1度言えばそれ以降もずっとやってくれるだろうと思わないことです。

人間というのは新しい行動が習慣になるまでには長い時間がかかりますし、自分の習慣になるまでの期間は1人1人違います。自分と同じくらいの時間で毎日の習慣になるだろうと思い込んでいると、相手が忘れていて以前指示したことをやってなかったりすることもあり、自分の負担が減るどころか逆にイライラすることとなるでしょう。

習慣づけるまでは面倒かもしれませんがやってほしいことを毎回指示するようにしてください。やってもらえると思い込んでイライラするよりも毎回指示した方が確実に動いてくれます。

家事を時短できるような家電を購入する

これからワーママになるのであれば、家事を時短できるような家電を購入する事は必須だと言えるでしょう。特に必ずと言っていいほど購入しておいたほうが良い家電が食洗器と乾燥機能付きの全自動洗濯機です。

食洗機を買うメリット

お皿を洗う時間というのは家事の中でもかなりのウエイトを占めていて、どれだけ急いでもだいたい30分くらいはかかりますが、食洗器ならばお皿を軽く洗ってセットするだけで済むので時間を大幅に短縮できます。しかも水道代も手洗いより安いといいことづくめです。

乾燥機能付きの洗濯機を買うメリット

また、全自動洗濯機の乾燥機能を使えば洗濯物を干すという作業をまるまるカットできます。洗濯機の乾燥器を使う際に気になるのが乾燥後のシワですが、シワが気になるものだけを干したり、シワになりにくい素材の服を買ったりといった工夫をすれば大丈夫です。

完璧にこなそうとせず、利用できるサービスは利用する

最後に家事や育児全般に言えることですが、いつも完璧にこなそうとすると身体が持ちません。

お客さんが来るのであれば部屋を綺麗にしておかなければいけませんが、誰も家にこないのであれば家にいるのは毎日顔を合わせる旦那さんや子供だけです。ですから家事は自分のできる最低限の範囲内でこなせばいいというくらいのおおらかな気持ちでいましょう。

例えば掃除を毎回すべての部屋でおこなうのではなく、今日はこの部屋だけ、明日はこの部屋だけというように掃除をする場所を分散させるだけでも1日の家事の負担はとても軽くなります。

また今ではワーママ向けのサービスがたくさんあるので、どうしても無理だという気持ちになったら家事代行サービスなど利用できるサービスをどんどん利用しましょう。

息抜き法について

ワーママもたまには息抜きをしっかりするようにしましょう。ワーママが息抜きをする最も良い方法は1人でゆっくりできる時間を過ごすことではないでしょうか。

先ほど書いたように、家事などを旦那さんに任せておくことで休日など旦那さんが家にいる日は子供の面倒を見てもらうことができるようになります。毎回子供を預けるのは旦那さんの負担も大きくなりますが、たまには旦那さんに子供を預け、1人の時間を思い切り楽しみましょう。

なかなか言いづらいというワーママさんも美容院に行く日ならば外出しやすいのではないでしょうか。美容院に行った日を利用してちょっとショッピングをしてみたり、カフェなどに行って甘いものを食べたりするだけでも十分息抜きできます。

毎日家事や育児、仕事に頑張っているのですからそれ位の事をしたって大丈夫です。家に帰ったら家族に感謝の気持ちをしっかり伝える世にすれば旦那さんも快く子供の面倒を見てくれるのではないでしょうか。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!