面倒な草むしりともうおさらばかんたん雑草対策

庭のある家を持っている人にとって、庭の手入れのために行わなければいけない草むしりは面倒くさいですよね。放置をすると手入れが難しくなるほど伸びてしまうため、簡単に手入れできる方法やそもそも雑草をはやさないようにしたいと考えている人は少なくありません。そこで今回は、雑草対策について自分でやる方法や業者に頼む方法それぞれの効果を解説していきます。

雑草が生えないようにするためのポイントとは

庭に雑草を生やさないようにするためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。ポイントは3つあり、太陽光を当てないようにすることと土を覆うこと、そしてほかの植物で覆ってしまうことが挙げられています。

雑草は植物なので太陽光に当たると光合成で成長してしまうため、光合成できない環境にして雑草の成長を抑えることで生えないようにすることが可能です。また土で覆うことで根がつかないようにすることも必要ですし、雑草以外の植物の力で土の中の養分を吸収してしまえば雑草が成長する力を奪うことができます。

このように雑草を生えないように3つのポイントを押さえた環境を作ることが、面倒な草むしりや庭の手入れから解放されるためには必要なのです。

自分でやる方法1:除草剤をまく

除草剤は名前の通り、草などの植物を枯らせる効果を持っている薬剤のことを指しています。これを庭など雑草が生えているところに散布することで、比較的簡単に雑草を駆除することができます。

除草剤のメリットは即効性のある者や長期間効果が持続するものなど色々な種類がある点や、人体に悪影響を及ぼさない安全なものである点です。このため小さなお子さんやペットがいる家庭でも手軽に利用することができるほか、用途に合わせた除草剤を使って雑草が生えないような環境作りをすることができます。

ただ効果を持続させるためには定期的に散布する必要があり、使い方を間違えるとほかの植物を枯らせてしまうデメリットもあります。そのためほかに枯らせたくない植物がある場合は、散布する場所に注意が必要です。

自分でやる方法2:防草シートを使う

雑草対策の中でも、今後一切草むしりをしたくないと考えている人におすすめだと言われているのが防草シートの利用です。防草シートとは日光を遮断する効果を持っているシートのことで、庭に敷くことで太陽光を一切当てないようにすることができます。

太陽光が当たらなくなると植物は光合成をすることができなくなり、自然と枯れてしまうほか生えてこなくなってしまうのです。このように植物の仕組みを逆手に取った雑草対策である防草シートは、一度敷くだけで10年程度は雑草対策として高い効果を発揮してくれます。

薬品を使うよりも安全ですし、ホームセンターなどで手軽に購入できるため、とにかく手軽に雑草対策をしたいという人におすすめです。注意点として庭にシートを敷くことになるため見栄えがあまり良くないことと、素材が悪いと隙間から雑草が生えてきてしまうことが挙げられています。

自分でやる方法3:砂利を敷く

防草シートでは見栄えが悪いため、ほかのもので太陽光を遮断したいと考えている人向けの雑草対策として挙げられているのが砂利です。砂利を庭など雑草が生えているところに敷くことで太陽光が当たりにくくなり、雑草の成長を抑えてくれます。

ただ隙間から太陽光が差し込んでしまうとそこから雑草が生えてくることもあるので、敷く場合には大量に敷き詰めるようにして太陽光を遮断することが必要です。こちらの雑草対策のメリットは見た目の清潔感と雨が降った際の泥はねなどの心配がない点だとされています。

ほかにも砂利を敷き詰めることで防犯対策としての効果も期待されているので、雑草対策と防犯対策の両方を検討したい人におすすめの方法となっています。

自分でやる方法4:人工芝やグラウンドカバーを使う

ほかにも人工芝やグラウンドカバーなどを使って土を覆う方法も、雑草対策として効果的ですよね。人工芝の場合は芝生に似せたパイル線維でできた資材で完全に土を覆うため、雑草が生えない環境を手軽に作ることができます。

こちらの場合は半永久的に雑草を生やさない効果が期待できるほか、乾きやすくて掃除も手軽である点がメリットです。ただ利用するのにコストが高いことがネックとされているほか、業者に依頼しないと綺麗に敷き詰めることが難しい点などが挙げられています。

またグラウンドカバーは地を這って成長する植物を使った雑草対策で、雑草が成長する余地をなくすことができます。見た目も綺麗で手入れも楽である点がメリットなのですが、ガーデニングをしたことがない人にとっては扱いづらいですよね。また壁や塀にも植物が侵食してしまう弊害があるので、雑草対策はできてもほかの問題が起きやすいとされています。

業者に依頼する方法とその効果について

自分たちで雑草対策をする以外にも、業者に依頼するという方法もあります。業者に依頼する場合は草刈りがメインとなっており、業者によっては草刈りにプラスして除草剤を散布してくれたり防草シートまたは人工芝などを設置してくれることもあります。

メリットとしては自分たちが労力をかけなくても雑草対策をしてくれる点と、広範囲または遠方の草刈りをしてくれるという点です。しかも雑草対策のプロが行ってくれるので自分たちで行うよりもより効率的に実施してくれるため、草むしりをする範囲が広い場合や雑草対策をする時間がない場合、または別荘などの遠方の草刈りをしたい場合におすすめです。

ただ基本としては草刈りと除草剤の散布になるため、定期的に依頼しなければいけません。その都度コストをかけなければいけませんし、細かい雑草対策に関しては自分たちで行わなければいけないなどのデメリットもあります。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!