見やすくキレイに!冷蔵庫をすっきり収納しよう

毎日開け閉めする冷蔵庫は、すっきり整えておきたいものです。散らかった状態では、賞味期限・消費期限を見逃してしまうでしょう。ほしいものが探し出せないことでストレスも溜まります。また、衛生的にも整理整頓はかかせません。ここでは、冷蔵庫を整理整頓するためのポイントを紹介します。広く奥行きがある冷蔵庫を上手に活用して、見やすくキレイな冷蔵庫を目指しましょう。

冷蔵庫の中身を把握しよう

冷蔵庫の中身をすっきり収納するために、まずは冷蔵庫の中身を把握することから始めましょう。賞味期限・消費期限切れのものがあれば遠慮なく捨てることで、空間に余裕が生まれます。

次に、缶詰やお菓子、インスタントスープの素など、常温保管可能なものは取り出します。ほかにも、薬類などの備品が入っている場合もあります。適切な置き場所に収納し直しましょう。なお、調味料などにも常温保管可能なものがあるので調べてみましょう。

たとえば、みりんや料理酒、はちみつなどは冷蔵庫にいれなくても大丈夫です。調味料の中には、大きなボトルに入っているものもあるでしょう。大きなボトルは場所をとり、冷蔵庫の手前に収納すると、奥のものを取り出しにくくなります。コンロ下やシンク下などに工夫して収納しましょう。

定番の食品は収納場所を決めよう

せっかくキレイな収納ができたら、整った状態をキープしたいですよね。毎日食べている食品で定番のものがあれば、収納場所を決めてしまいましょう。冷蔵庫は広いので、決まった場所に同じものを収納しないと、在庫管理が難しいです。

また、大勢が使う冷蔵庫であれば、それぞれが勝手な場所に食品を置いてしまうとキレイな収納が維持できません。収納場所は、物の種類でわけるだけではなく、使うタイミングでわけることもできますよ。たとえば、朝ごはんに使うバターやマーガリン、ジャム、ヨーグルト、納豆などを一カ所にまとめておけば、忙しい朝にも手間なく準備ができるでしょう。

ストレスなく収納がキープできるように、生活習慣を考えつつ収納場所を決めましょう。

収納ケースとラベリングを組み合わせて使おう

広い冷蔵庫は、奥に入れたものが取り出しにくいです。奥行きを無駄なく使うためには細長いケースを使って収納するのがおすすめです。食品をケースごと取り出せば、中身が一目瞭然です。ケースの手前の食品から使っていき、奥に新しいものを足すようにしていけば、賞味期限・消費期限を見逃すことを防げます。

また、ケースには、ラベリングをしておきましょう。ラベリングすると、誰もが収納場所を意識できるようになるでしょう。

さらに、イラストやマーク・平仮名表記などにこだわることで、わかりやすさが向上します。たとえば、イラストがあると文字だけの場合よりも、視覚的に中身がわかりやすいです。漢字が読めないお子さんでも、イラストや平仮名ならわかりやすいですね。

一時保管用のスペースを確保しよう

冷蔵庫には一時保管用のスペースがあると便利です。小さなお子さんがいる家庭だと、買い物帰りに食品をしまう余裕がないときもあるでしょう。とりあえず一時保管場所にしまっておけば、冷蔵保管が必要な食品を傷める心配がなく、後でゆっくり収納し直すことができます。

また、突然大きなものを収納する必要に迫られた場合でも、慌てなくてすみます。たとえば、大量におかずが余ったり、大きなケーキを買ってきたりした時にスペースの余裕があると助かりますね。一時保管用のスペースは、冷蔵庫の棚一段分など、なるべく広めにしておくことをおすすめします。

なお、しまったまま放置することがないように、毎日一時保管用のスペースをチェックする習慣をつけましょう。

野菜は紙袋で収納しよう

野菜の収納で悩んでいる人も多いでしょう。野菜は皮や汁で冷蔵庫が汚れたり、形がバラバラで収納しにくいといった問題があります。野菜の収納には紙袋が便利ですよ。市販の収納ケースを使うと、野菜の汁が付いたり皮が散らばったりした際に掃除をせねばなりません。

一方で、紙袋ならば、汚れたときにそのまま捨てられます。また、買い物でもらった紙袋を利用すれば、収納ケースを買うお金を節約できます。さらに、野菜の凹凸に合わせて、紙袋を変形させることもできるというメリットもあります。

なお、紙袋をそのまま野菜室に入れると、手提げの部分が邪魔になったり、紙で手を切ってしまうおそれがあります。入口部分を折り曲げて持ち手を隠したり、端の部分をテープで覆ったりすると使い勝手が良くなりますよ。

細かいところまでこだわって!キレイな冷蔵庫を維持しよう

収納に使うケースの種類にこだわり、冷凍庫の収納も見直すと、よりキレイで使いやすい冷蔵庫にできます。まず、収納に使うケースは、取っ手がついているものがおすすめです。重さがある食品を収納するときには、取っ手があったほうが安全です。

また、スペースを効率的に使おうと、収納ケースを隙間なく並べたいと考える人もいるでしょう。冷蔵庫内の縦横、高さを計測してから収納ケースを選ぶことで、フィット感がある収納ができます。サイズの不一致で用意したケースを無駄にする心配もありません。

冷凍庫の収納も見直してみましょう。深さがある冷凍庫には、縦置き収納が適しています。市販の冷凍食品は、収納ケースや仕切り板で立たせると、スペースを有効に使えますよ。また、位置調整が簡単なブックエンドもおすすめです。細かいところまでこだわって、キレイな冷凍庫収納を維持しましょう。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!