「#丁寧な暮らし」って何?

SNSで「#丁寧な暮らし」というハッシュタグで投稿される写真には、和食をメインとした何種類ものお惣菜が並ぶ食卓や整理整頓された部屋が数多く投稿されています。では、憧れる方も多い「丁寧な暮らし」とは一体どんなことを示すのでしょうか。ここでは、丁寧な暮らしに欠かせない家事や暮らしの知恵について詳しく紹介します。

丁寧な暮らしのための食事

丁寧な暮らしを実践する方にとって食生活は大切なポイントです。レトルトや冷凍食品、買ってきたお惣菜などを使うのは避けなくてはいけません。食事の基本となるご飯も、炊飯器で炊くのではなく、土鍋を使って炊き上げます。

手がかかる漬物やパンなども添加物が使われていない手作りにすることで、美味しさと安全な食事を実践するのです。季節の旬の素材を利用するのもポイント。初夏に仕込む梅酒や冬の味噌作りなど、日本に昔から伝わる保存食の準備も欠かせません。

季節を問わずに手に入れることができる食品も多いですが、旬の食材を使った手仕事は丁寧な暮しでも大切です。手作りをするというだけでなく、ヘルシーで体に優しい献立が食卓にのぼります。

化学薬品を使わない掃除

掃除といえば、掃除機や既製品の洗剤を使ったスプレーを使うのが一般的です。丁寧な暮らしでは、化学薬品で作られた洗剤も理想的なものではありません。部屋や場所ごとにたくさんの洗剤を使い分けるのではなく、一つのエコ洗剤を使って丁寧に拭き掃除まで行います。

洗剤は重曹やクエン酸などで手作りしたり、家中に使える環境に優しく人間にも影響のないエコ洗剤を使うのです。日本で昔から使われていたはたきやほうきなどを掃除機に変えて日常的に使用することもできます。

それらを使ってこまめに掃除をすれば、掃除機で埃を巻き上げることなく、掃除が完了するのです。赤ちゃんや小さいお子さんがいて、アレルギーやハウスダストが気になる方も取り入れています。

着るものもナチュラルに

丁寧な暮らしを実践するには、着るものや身に付けるものも大切にします。プチプラの洋服をたくさん持って、流行が終われば捨てるという使い方はしません。

それよりも、夏場は麻やコットンなどの天然素材を使ったワンピースやパンツなどを履き、着心地がよく流行に左右されないファッションが得意です。見た目はナチュラルなファッションですが、機能面でも優れているものを選びます。

靴下は安いものを選ぶのではなく、シルク製など冷え性も解消できる機能的なものを愛用している方も多いです。気に入ったものは長く愛用し、定期的なメンテナンスも欠かせません。すぐに洗えないものはこまめにブラッシングしたり、革製品には防水をして丁寧に使います。

体調不良でもすぐに病院に頼らない

病気になったり、体調が悪くなればすぐに市販の薬や病院に頼ってしまいます。丁寧な暮らしを実践する上で、すぐに薬に頼ることはありません。ハーブやアロマなどを使って、体調が悪化する前に先手を打ちます。

多少の体調不良であれば、民間療法などを使えばよくなることもあるので、それらの知識を持っておくことが重要です。虫除けも肌にトラブルを起こすことがある化学成分がある虫除けは避け、手作りでミントやハッカなどで手作りします。

ちょっとした風邪では、ハチミツやネギ、大根など昔から使われてきた風邪の対処方法を実践する方が多いです。自分の健康管理を自ら行い、体の不調に敏感になっておくので、すぐに対応することができます。

家庭菜園を作る

普段の食卓で必要になる旬の野菜を庭やベランダで手作りすると、食卓が豊かになります。調味料代わりに使える、オレガノやタイムなどを使えば、食材の味をしっかり感じる食事ができるのです。

ハーブを上手く使えば、減塩に使える上、食材の風味もアップするメリットがあります。家庭菜園の経験がなくてもハーブは手作りしやすいので、丁寧な暮らし初心者でもおすすめです。そのほかキッチンでも豆苗の水耕栽培や人参や大根の葉を育てることもできます。

普段は捨ててしまう野菜の皮を乾燥させて再利用すると、きんぴらやふりかけの素にも再利用可能です。家庭菜園をすれば、無添加で体にも優しく、食費の節約にもなり、エコな食卓の実践ができます。

子供にも優しい生活

自分たちだけでなく、子供にエコで優しい実践をするために丁寧な生活をするようになったという方が多いです。おやつや毎日の食事を安全で美味しいものにしたければ、市販品よりも手作りが安心できます。

丁寧にものを選び大切に使うことは、子供に環境の大切さや物を大切に使うことを教える上でも重要なことです。子供と一緒に食事を手作りすることや家庭菜園の世話をすることは食育にもつながります。

おもちゃなどをすぐに買い与えることは簡単ですが、シンプルな木製のおもちゃを長く使ったり、汚れても洗える布製品を手作りすることでおもちゃに対する愛着も生まれます。忙しい方にとっては、子育てをしながら丁寧な手仕事を実践することは時間も手間もかかりますが、自分で作ったものを食べ、丁寧な生活を心がけると生活にも余裕ができるのです。

昔の女性が実践してきた丁寧な暮らしは、生活に潤いと余裕を与えて、子育てにも大切なことを教えてくれます。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!