冷暗所ってなに?食品の保存方法を再チェック!

食品の注意書きで「開封後は冷暗所にて保管してください」という表記をよく目にすると思います。見慣れた表記ですが、冷暗所とはどのような場所を指すのでしょうか?冷暗所という文字から、なんとなく涼しくて暗ければどこでも良いという認識を持っている方が多いです。冷暗所の定義や保存にオススメの場所を詳しく紹介しますので、間違った保存方法をしていないかチェックしてみましょう。

正しく理解しよう!冷暗所とは?

要冷蔵や要冷凍、常温保存に冷暗所保存と食品の保存方法は様々です。その中でも冷暗所とは、どのような場所なのでしょうか?冷暗所を曖昧な認識でとらえている方が多いため、保存場所として適していない場所を使用しているケースもあります。正しい保存方法でない場合には食品が変質したり腐敗したりする可能性がありますので注意してください。

冷暗所の温度は食品に対しては1℃〜15℃が一般的です。一年を通して、ひんやりとした感じのする場所が冷暗所に適していると言えます。さらに直射日光が当たらず、風通しがいい場所である必要があります。1℃〜15℃で温度の変化が少なく、日光が当たらない風通しが良い場所が冷暗所の定義に当てはまります。

常温?冷暗所?冷暗所が適している食品

はっきりと保存場所が明記されていない食品は、どこに保存すれば良いのか迷うことがあります。長年の習慣で間違った保存を続けているケースも少なくありません。

冷暗所が適している食品は様々なものがありますが、1番オススメしたいのが米です。米は常温でも傷むことがないので常温で保存している家庭が多いです。実は米の保存を冷暗所で行うと、米の劣化を防ぐので美味しさを長持ちさせることが期待できます。さらに低温で保存するため害虫の発生を予防することができて衛生的です。小麦粉も虫の被害を受けやすいので冷暗所の保存が適しています。その他にもキッチンの油も直射日光で酸化して劣化するので、常温よりは冷暗所に保存しましょう。

ありがちな失敗!間違った保存方法

冷暗所と要冷蔵をごっちゃにして、なんでも冷蔵庫に入れてしまうケースがあります。特に夏場は食品の傷みが気になるため、冷蔵庫を多用しがちです。確かに温度が低くなる冷蔵庫は傷みを軽減することが期待できますが、冷えすぎることで食品が劣化する可能性もあります。

冷蔵庫での保存が適さない食品としては、ジャガイモがあげられます。ジャガイモを冷蔵庫で保存すると、中の水分が抜けて美味しさを損なってしまうことがあります。ジャガイモは新聞紙などに包んで常温で保存するのがベストです。玉ねぎは湿度に弱いので、湿度がある冷蔵庫の野菜室で保存すると風味が落ち、栄養素も壊れてしまう可能性があります。

食品ごとに保存に最適な温度があるので忘れずにチェックしましょう。

冷暗所にオススメの場所は?

冷暗所の温度は一般的に1℃〜15℃です。家の中で冷暗所として使用できる場所はどこでしょうか?

一つは床下収納です。床下収納は日光が入らず温度を一定に保つことができる場所です。外部の温度に影響されにくいため、一年を通して温度が変化しにくいという特徴を持っています。ただし一軒ごとに家の構造など様々な条件が違うため、すべての床下収納が保存に適しているわけではありません。床下収納の庫内温度の変化と湿度を確認してから食品の保存に使いましょう。

その他にも階段下に収納がある場合には、日光が当たりにくく温度の変化が少ないため冷暗所保存に向いています。階段下収納を冷暗所として使用する場合には、湿度が高すぎないかをチェックしてから使いましょう。

冷暗所として避けたほうがいい場所は?

冷暗所は温度・日光・湿度の3つをチェックする必要があります。

冷暗所の文字のイメージから「暗ければOK」と考えて、光のささないシンク下に入れてしまう場合があります。暗くて冷暗所として適温であっても、シンク下は風通しが良いという条件には当てはまりません。むしろシンク下は湿気がこもりがちな場所ですので避けたほうがベターです。

その他にも倉庫やガレージなど直射日光が当たらない場所を保存場所として使用することがありますが、これらもオススメできません。倉庫やガレージは構造によっては風通しが良い場所かもしれませんが、夏場に温度が上昇する可能性があります。特に屋外にある倉庫やガレージは外気温によって温度が変化しやすいので保存場所には適していません。

キャンプなどでも活躍!冷暗所の作り方

キャンプなどの屋外でも冷暗所があって、食品の保存ができると便利ですね。家で冷暗保存場所がない時や、お出かけの時などに便利な簡易冷暗所の作り方を紹介します。

クーラーボックスに保冷剤を入れて、ボックス内の温度を1℃〜15℃に調節します。温度の調整にはボックスの中に温度計をつけておくと便利です。温度計は大きさにもよりますが、ホームセンターなどで300円程度で販売しているので、一つあると重宝します。クーラーボックスはつくりがしっかりとしているのでキャンプだけではなく、家庭でちょっと保存したい時にも役立ちます。

クーラーボックスがない場合には発泡スチロールでも代用が効きます。発泡スチロールを冷暗所として使用する場合には、風通しを良くするために何箇所か穴を開けて使用します。温度を低く保ちたい時には保冷剤で調節します。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!