作った氷にカビが…! 製氷機をキレイに掃除する方法

製氷機で作った氷に変な臭いがついていたり、ひどい場合は氷自体にカビがついていることがあります。これでは氷が使えませんし、不快な感じがしてがっかりしてしまいますが、実はその原因は製氷機にあると言われています。きちんと製氷機を掃除すれば改善することができますので、今回は製氷機で作った氷にカビが発生してしまう原因やその掃除の方法をご紹介します。

氷がにおう…?

製氷機であらかじめ作っておいた氷を使おうと取り出してみると、氷から嫌な臭いがするということがあります。これは水が原因ではなく、製氷機に問題がある場合がほとんどです。

まず、一般的な製氷機は給水タンクに水を入れて製氷機にセットすることで、タンク内の水が製氷機の中に送られて氷になり、貯氷ケースに入っていくという仕組みになっています。ここでカビが発生するポイントとなるのが給水タンクです。

実は普段は冷蔵庫内に収納されている給水タンク内はカビが発生しやすい環境となっていて、使った後にそのまま収納していると冷蔵庫に収納されている間も徐々にカビが繁殖してしまいます。

そのため、カビが発生している状態の給水タンクにそのまま水を入れて氷を作ってしまうと、水の中に溶け出したカビを一緒に凍らせてしまうということが起こるのです。

製氷機の掃除に必要なもの

製氷機の掃除は、こまめに行う場合は水洗い程度で問題なく、必ず道具を必要とするわけではありません。定期的に洗う場合や初めて洗う場合に使用したい掃除道具としては、スポンジや食器用洗剤が挙げられます。

スポンジは給水タンク内に発生している汚れを落とすために使用し、タンクはプラスチックでできているものが多いことから柔らかいタイプのスポンジがおすすめです。たわしの部分や硬いスポンジを使用するとタンクを傷つけてしまう可能性があり、そこにカビが蓄積してしまうこともあるので注意が必要です。

そして、タンク内を綺麗にする際に食器用洗剤を使いますが、除菌タイプのものを使うことでより確実にカビを落とすことができます。製氷機の中をキレイにする場合はお酢やクエン酸を使用します。

製氷機の掃除方法

製氷機の基本的な掃除方法としては、まず給水タンクを冷蔵庫から取り出します。そうして蓋など取り外せるパーツは全て取り外し、タンク部分をスポンジで水洗いまたは食器用洗剤で洗っていきます。特に目に見える汚れがある場合は食器用洗剤で落としておくと、あとからお酢やクエン酸を使用する時も汚れが落ちやすいです。

蓋を掃除する時には浄水フィルターなどの付属パーツは外しておき、それぞれのパーツを別々に洗います。浄水フィルターを洗う場合は水垢がついていることが多いので、流水で洗い流すことがおすすめです。

この時、細かいパーツをお酢やクエン酸につけておくと、見えない部分の汚れも落とすことができます。そうして全てのパーツを洗い終わったら乾燥させ、組み立てて冷蔵庫内に戻せば掃除完了です。

お酢とクエン酸どっちがいい?

製氷機内を掃除する際に便利だと言われているのが、お酢とクエン酸です。どちらを使用しても同じようにカビを除去する効果や綺麗にしてくれる効果が期待できるものの、実際にはどちらがいいのかよくわからないという人も少なくありません。

例えば、お酢の場合はある程度希釈して使用するとしても、お酢特有のにおいが発生してしまいます。そのため、製氷機内が多少お酢臭くなってしまうことがあるため、においが気になる場合はクエン酸の方がおすすめです。クエン酸はにおいがほとんどしないため、気軽に使用できるところがポイントです。

ただ製氷機内部を掃除する時には、お酢やクエン酸をタンク内に溜めるという方法になります。こちらを実践する時にはお酢やクエン酸でできた氷が貯氷ケースに溜まるため、クエン酸でできた氷を誤って食べてしまうリスクがあります。

クエン酸自体に体に害はありませんが、特に小さな子供がいる家庭の場合はお酢を使用した方が安全かもしれません。

製氷機の掃除頻度は?

製氷機の給水タンクは、基本的に1週間に1回のペースで掃除することが望ましいとされています。そうすることでカビが発生しても繁殖することを予防できますし、パイプ内など製氷機内部にもカビが発生しにくくなるのです。

どうしても掃除をする暇がないという場合でも最低でも月に2回ペースで掃除をした方が良いことから、冷蔵庫内の整理とまとめて掃除する感覚で実施すると忘れずに行えるでしょう。また、製氷皿が取り外し可能となっているものであれば、こちらも1年に1回から2回のペースで掃除をしておきます。

そして、もう一つ定期的に掃除をする必要があるのが浄水フィルターです。こちらは普段の掃除では水洗い程度で問題はありません。ただ2年から3年に一度は新品に交換する必要があります。

製氷機を掃除してキレイな氷を

製氷機は冷蔵庫の中にあるため、カビなどとは無縁と考えている人は少なくなく、特に冬場は氷を作る機会がほとんどないので大丈夫だろうと過信している人は多いのではないでしょうか。

実は冷蔵庫の中でもカビなどの細菌は死滅するわけではなく、あくまでも増殖が緩やかになっているだけです。そのため、製氷機や給水タンクの掃除をしないまま使っていると、知らない間にどんどんカビが入った氷を体の中に入れていることになってしまいます。さらに氷そのものの味や臭いもおかしくなってしまうので、あまり使いたくはないですよね。

このような状態を防ぐためにも、製氷機や給水タンクを定期的に掃除して綺麗な状況を保つことが大切です。掃除そのものも決して時間がかかったり手間がかかるものではないため、皿洗いのついでなどに行うと気軽にやりやすいでしょう。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!