一晩中、つけ置き洗いはNG!意外と知らないメリット・デメリットとは

洗濯物が溜まったカゴ

つけ置きをすれば、全ての汚れが浮いて落としやすくなるというイメージの方も多いのではないでしょうか。しかし、つけ置きには意外と知られていないデメリットがあったのです!そこで今回は、つけ置きが衣類に与えるメリットやデメリットにスポットを当て、正しいつけ置き方法についてご紹介していきます。

つけ置きとは

洗濯物を見て微笑む女性

普段何気なく行っている「つけ置き」。つけ置きは、頑固な汚れや通常の洗濯ではなかなか落とすことが困難なシミが衣類に付着した際に用いる方法です。つけ置きをしてから、いつもと同じように洗濯をすると頑固な汚れが落ちるというもの。ワイシャツの襟の黄ばみや女性特有のメイク汚れなどが主な汚れとして挙げられます。

つけ置きのメリット

キレイに畳んであるワイシャツのアップ

  • ドライマークの表示がある衣類もダメージを与えにくい
  • ワイシャツやブラウスなども型崩れしない
  • 生地を傷めずに、汚れを浮かすことが出来る
  • 繊維の奥から汚れを浮かすため、消臭効果も期待できる

デメリット

つけ置きは衣類に与えるダメージが少なくて済みますが、反対にデメリットもあったのです。

  • 長時間、つけ置きするとキレイな部分にまで汚れが付着してしまう
  • つけ置きした後すぐに脱水しないと、繊維にカビが生えてしまう
  • 水に弱い素材を必要以上につけ置きすると衣類の品質が落ちる

以上のように、いくら頑固な汚れを落としたいからと言って長時間水に浸しておくのはあまり良くないことだということが分かります。

正しいつけ置き方法

衣類の汚れを確認している手元

汚れを落としたい衣類を、ただ水に浸しておくのが「つけ置き」だと思っている方も中にはいらっしゃることでしょう。実はつけ置きには正しい方法があったのです。

つけ置きのポイント

  • 浸すお水は「ぬるま湯」で
    衣類をつけておくお水は、冷水よりぬるま湯がオススメ。洗濯表示のタグを確認し、設定された水温よりも少し低めのものを使用しましょう。
  • 洗剤を少し混ぜる
    汚れの範囲や落としにくさによって、混ぜる洗剤は使い分けるのが衣類を美しく保つコツ。真っ白な衣類なら蛍光剤が入った物を、色物のつけ置きには蛍光剤が入っていないものがオススメです。
  • 汚れを確認しながら
    汚れが浮いてきているか目視出来るのがつけ置きの魅力でもあります。洗剤とぬるま湯を混ぜたものに、30分~1時間程度つけ置きします。汚れが浮き、水に色が移ってきたら洗濯機に入れるサインです。

つけ置きの手順

  1. 衣類が入るほどの底の深い容器に、ぬるま湯と中性洗剤を混ぜたものを用意します。
  2. この用意した液体の中に、軽く畳んだ衣類を浸しておくだけ。
  3. 汚れが浮いてきたら、畳んだ状態のまま洗濯機に入れ30秒ほど脱水します。
  4. このつけ置きから脱水までの工程を汚れが無くなるまで繰り返し行いましょう。

つけ置きをする際の注意点

洗濯カゴに入った洗濯物

これらのことからもつけ置きをする場合には、注意しなければならないポイントがいくつかあります。汚れを落とすための方法とはいえ、やり方を間違えば衣類を痛めることにも繋がってしまいます。

  • つけ置きをする前にタグを確認する
    衣類によって、使用されている素材や洗濯表示のマークは異なります。汚れを取る以前に、衣類を痛めてしまっては元も子もありません。
  • 洗剤は用法容量を守る
    汚れが落ちないからと洗剤を多く入れるのはNGです。多く入れたからと言って洗浄力が高くなるわけではありません。衣類へのダメージを最小限に抑えるためには決められた量以上の洗剤は使用しないようにしましょう。
  • 一度につけ置き・脱水するは少なめに
    手短に済ませたいからと言って、つけ置きする容器にたくさんの衣類を詰め込むのも素材を痛める原因になってしまいます。また、脱水の際にも衣類同士がこすれ合いほつれてしまったり毛玉ができてしまうことも。

この注意点を踏まえたうえで、つけ置き洗いを行いましょう。

つけ置きにオススメの洗剤

子供服が干されている

重曹

最近、掃除の場面でも役立つと注目されている重曹ですが実は洗濯にも使うことが出来るのです!水やぬるま湯に混ぜる洗剤の代わりに、重曹をひとつまみ入れて溶かすだけ。汗をかくことで付着した皮脂汚れや気になる臭いの消臭効果、お子様が転んで怪我をした際の血液のシミも除去することができます。シルクやウールなどの比較的デリケートな素材のつけ置きにオススメです。

クエン酸

クエン酸には、小さじ1杯を水やぬるま湯に注ぐだけで衣類をふんわりと仕上げる柔軟剤のような効果があります。さらには、消臭効果や除菌効果なども。クエン酸と聞くと酸っぱい臭いがするのでは?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、その逆です。汗の臭いのする衣類を強い香りの柔軟剤で洗濯すると臭いが混じり合ってしまい独特な臭いを放ってしまいます。この臭いを除去してくれるのがクエン酸。なかなか取れない臭いが気になる衣類にはクエン酸を使用してみてもいいかもしれませんね。

どちらも食品として使われることもある、安心で安全な自然派の洗剤です。小さいお子様のいるご家庭や、洗剤を混ぜた水に浸けておくのが不安だという方はぜひ使用してみてはいかがでしょうか?

最後に

普段何気なく行っているつけ置き洗いでも、実は間違った方法をしていたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?頑固な汚れを浮かし、素材を痛めることなくキレイにする「つけ置き」ですが、正しい方法でなければ逆に衣類を痛めることにもなりかねません。これを機に、正しいつけ置き洗いをマスターし頑固な汚れをサヨナラしましょう!お気に入りの1着を長く着るためにも、ぜひ試していただきたいと思います。
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!

人気のオススメ記事はコチラ