洗濯してもOKなスーツの見分け方!意外と知らない正しい洗濯方法とは

スーツを着ている男性

会社員の方は毎日、それ以外の方でもスーツを着るタイミングは様々。いざ着ようとしたら汚れがついていた、でもスーツを洗濯していいのだろうか?なんて思ったことはありませんか?最近ではウォッシャブルスーツといって洗濯が可能なタイプも多くなってきましたがあなたのスーツはいかがでしょうか。

洗濯可能か見分ける方法とは

洗濯表示タグのアップ

ご自身のスーツが洗濯可能か見分ける方法はとても簡単です。これはスーツに限らず、洗濯しても大丈夫か知りたい衣類があれば、確認してから洗濯をするといいでしょう。

洗濯表示タグを確認!

ほとんどの衣類に付いている「洗濯表示タグ」、もちろんスーツにも付いています。ご家庭の洗濯機で洗っても大丈夫なのかは、この洗濯表示タグを確認することが重要なポイントです。ジャケット・パンツの両方に付いていることが多いので確認してみてください。スーツ上下の表示、又は手洗いマークが表示されていればご自宅で洗濯することが出来ます。

スーツの正しい洗い方

洗濯機の蓋を開けている女性

いくら洗濯可能なスーツだからといって、間違った洗濯方法で洗い続けていると品質が下がってしまったり洗い上がりがシワだらけになってしまうことも。この機会に正しい洗濯方法をマスターして、ビシッと決まる美しいスーツにしましょう!

用意するもの

  • 市販の中性洗剤(またはオシャレ着用洗剤)
  • スーツが入る大きさの洗濯用ネット
  • 太めのしっかりとしたハンガー

特別な道具や洗剤は使わず、ご家庭にある物でスーツの洗濯を行います。すぐに実践できる方法なので洗濯表示タグを確認してから、洗濯を始めていきましょう。

手順

  1. まず、ジャケットとパンツを分けてそれぞれ洗濯用ネットにいれます。女性の方であれば、スカートも同様に分けてネットにいれてください。
  2. 洗濯機の「手洗いコース」又は「ドライコース」を選択します。
  3. 中性洗剤(オシャレ着用洗剤)を記載された容量を守って投入口へ注ぎ、通常と同じように洗濯機で洗います。
  4. 一番短い時間の脱水機能で水分を飛ばしたら完了です。

いつもの洗濯方法にちょっとひと手間加えるだけでスーツは洗えるということが分かりますね。

スーツを洗濯する際の注意点

台に置かれたアイロン

洗濯し終わったら完了ではありません!その後のお手入れもスーツを美しく保つ重要な工程。それには、いくつかのポイントがあったのです。

脱水後は日陰干し

スーツは縮むのを防ぎ、型崩れを起こさないようにするため脱水は短い時間で済ませましょう。干す際は、幅の広いハンガーに掛け直射日光が当たらない日陰に干すのがコツです。日光による日焼けと、早く湿気を無くすために風通しをよくするポイントです。

定期的にアイロンでシワ伸ばし

これはウォッシャブルスーツだけでなく、通常のスーツの際にも同じようなことが言えます。スーツのラインに合わせて定期的にアイロンを掛け、品質の維持と型崩れを防ぎます。タオルで当て布をして、丁寧に行いましょう。

休ませる日をつくる

スーツは一日着ると、汗や汚れが意外と溜まるもの。その日の終わりにハンガーに掛け、風通しの良いところで休ませることも必要です。一日の終わりにはブラッシングでホコリを落としたりしてお手入れしてあげましょう。

最後に

会社員の方は毎日スーツを着て出勤という方も多いですよね。旦那様のスーツがヨレヨレになってきたり、汚れが付いていたら今回の洗濯方法をお試しください。ビシッと決まる着心地の良いスーツで仕事に対してのやる気もアップするはずです♪
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!