シワにならないレースカーテンの洗濯方法と汚れ別の落とし方

白を基調とした部屋にレースカーテンがかけてある

意外とこまめに洗濯をした方がいいと言われているカーテン。中でも淡い色が目立つレースタイプは、汚れが目に付きやすいですね。デリケートなので、いつもと変わらない洗い方をしたらシワになってしまった人もいるかもしれません。今回は、そんなレースカーテンの正しい洗い方や汚れ別の落とし方をご紹介します。

洗う前の準備

洗濯の温度や素材などが表示されている絵表示タグ

レースカーテンを洗う前には2つ準備することがあります。これを確認し準備してから洗濯を始めましょう。

  1. 洗濯絵表示を確認する
    まずは自宅のレースカーテンが水洗いをできるものなのか確認をしなくてはなりません。また、水洗いが可能と表示があったとしても「中性洗剤使用」という指定があればデリケート用の洗剤を使いましょう。
  2. フックを外しておく
    カーテンは基本的にフックが付いていると思います。洗う前にはフックをきちんと外しましょう。1つ忘れていただけで、洗濯をしたらボロボロになってしまうケースがよくあります。そうならないためにも念入りにチェックをしておきましょう。

洗濯の仕方と干し方

大きめの洗濯物を入れるネット

それでは洗濯の仕方と干し方をご紹介します。

洗濯の仕方

  1. フックを外した後に、洗濯用ネットに畳んで入れましょう。
  2. そのあとは、「手洗いコース」か「ドライコース」にして、脱水は短時間コースして完了です。

白く洗いたい時は酸素系漂白剤をいれましょう。また、柔軟剤を入れると静電気が発生しにくいので入れたほうが良いですよ。

干し方

レースカーテンを干す時は洗濯完了後、そのままフックを付けてレールにかけます。特に特別なことはせず、普段通りに部屋の中で干してもすぐ乾きますよ。

アイロンをかけたい場合

シワのないようアイロンをかけたいという人もいると思います。アイロンをかける場合は、乾いてから以下のポイントに注意して行いましょう。

  • 引っ張りすぎずに形を崩さないようにする。
  • アイロンの先端がレースの網目に引っかからないようにする。
  • アイロンの温度を高温にしない。
  • 当て布をして直接生地にかけない。

レース素材は熱に傷みやすいので、温度調節や当て布をするなどの工夫をしてシワのないカーテンに仕上げましょう。

カーテンの汚れ別の落とし方

白の花柄のレースカーテンのアップ

レースカーテンのみならず、普通のカーテンでもカビや黒ずみ、ひどい汚れがありますよね。そこで、汚れ別の落とし方をご紹介します。

ひどい汚れの落とし方

大きめのバケツや洗面器を用意します。
そこに中性洗剤と水を入れ洗浄液を作ります。
その後、カーテンを折りたたんで浸け込みます。
だいたい、30分ほど放置したら上記でご紹介したように洗いましょう。

カビの落とし方

カビの場合は意外と簡単に処理が済みます。タオルの先に熱湯を含ませふき取りましょう。それでも落ちない場合は、台所用アルコールスプレーなどエタノールをつけたハブラシや綿棒で、カビの部分を叩き落とすと落ちやすくなりますよ。

黒ずみの落とし方

黒ずみの場合は、汚れ部分に洗剤の原液を垂らして洗剤ボトルのキャップの裏で叩き染み込ませます。その後に通常通りの洗濯を行いましょう。

最後に

レースカーテンを洗濯する場合は絵表示を確認し必ずフックを外してから行いましょう。汚れはそれぞれ、適した落とし方をすることが大切です。どうしても汚れが落ちない場合は、クリーニング会社にお任せください。レースカーテンの洗濯にお困りの際は、ぜひ検討してみて下さいね。
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!