ダウンジャケットを自宅で洗濯する方法!洗濯機に入れるときの注意点!

シーズンオフ後のダウンジャケットは、汚れを綺麗にしてから保管する必要があります。クリーニングに出すとお金がかかりますが、自宅で洗濯すれば、お金をかけずにダウンジャケットを綺麗にすることが可能です。ただし、ダウンジャケットは正しい方法で洗濯しないと、縮んでしまう可能性が少なくありません。ダウンジャケットを自宅で洗濯する時の注意点や、失敗しないコツを紹介します。

洗う前に確認すること

ダウンジャケットを自宅で洗う前にまず、洗濯表示を必ず確認してください。洗濯機マークや手洗いできるマークがあれば自宅で洗濯可能ですが、それらの表示がない場合は自宅での洗濯は不可になります。ただし、洗濯可能なダウンジャケットでも、フードについているファーは水洗いできないので、事前に取り外しておいてください。また、洗濯前に素地の素材もチェックしておきましょう。レザーダウンジャケットは自宅では洗うことはできないので、プロにお任せする必要があります。

ダウンジャケットの自宅での洗い方

洗濯機に入れる前に、ダウンジャケットのファスナーをしっかり閉め、形を整えて折りたたんでおきましょう。ファスナーが開いていると、洗濯中に引っかかって布地を傷めてしまう危険性があるので、必ず閉めておいてください。折りたたんだダウンジャケットを洗濯ネットに入れたら、準備は完了です。

洗濯は必ず「手洗い」か「ドライ」モードで行いましょう。通常モードだと力が強すぎて、ダウンジャケットを傷めてしまうので、通常より優しく洗えるモードを洗濯してください。洗濯機の機種によっては、「丁寧」や「ソフト」などの名前がついている場合もあります。

脱水も1分以内に設定してください。長時間の脱水に設定してしまうと、ダウンジャケットの羽毛が偏ってしまいます。そのため、脱水は短い時間で繰り返し行うのがコツです。また、洗剤も、中性洗剤以外の洗剤は使わないようにしてください。

ダウンジャケットの干し方

ダウンジャケットは洗濯だけでなく、干し方にも注意が必要です。干す前にまず、羽毛をほぐしながら形を整えておきましょう。偏りのないように均一化させるのがコツです。また、ダウンジャケットを優しく乾燥させるために、直射日光に当てずに風通しのよい日陰に干してください。室内干しでもいいので、しっかり乾燥させることが大事です。

手洗いする方法

ダウンジャケットを手洗いするときも、最初にファスナーをしっかり閉めて形を整えておいてください。手洗いする際は、洗濯機の洗濯槽か風呂桶を使用しましょう。そこに30度前後のぬるま湯をはり、ぬるま湯の量に応じて洗剤を入れます。ぬるま湯の中にダウンジャケットを入れたら、押し洗いをしてください。押し洗いするときは、力を入れすぎないように注意しましょう。洗浄液が溢れないように、そっと押しながら全体に染み込むように押し洗いするのがコツです。2〜3回程度押し洗いをしたら、綺麗な水に交換して、同じように押し洗いをしてください。水の濁りが消えて泡立たなくなるまで、押し洗いと水の交換を繰り返しましょう。

洗い終えた後は脱水

洗い終えたダウンジャケットは絞ったりせずに、大きめのバスタオルで水分を吸い取ります。大きく広げたバスタオルの上にダウンジャケットを載せて、バスタオルで挟むように優しく脱水してください。バスタオルが水分を吸い過ぎた場合は、別の乾いたバスタオルと交換して脱水しましょう。

宅配クリーニングに出す方法

レザーダウンジャケットは自宅で洗うことはできないので、クリーニングに出しましょう。自宅近くにクリーニング店がない場合は、宅配クリーニングの利用をオススメします。宅配クリーニングであれば、宅配便を利用してクリーニングに出すことができるので、わざわざ店頭まで持ち込む手間がかかりません。

宅配クリーニング業者のホームページから申し込みすれば、指定した日時に宅配業者がダウンジャケットを引き取りに来てくれます。事前に宅配業者が荷物を入れる専用の袋を持ってきてくれるので、自分でダンボールなどを用意する必要はありません。ダウンジャケットを入れた袋を宅配業者に渡せば、それで手続きは完了です。あとは綺麗に仕上がったダウンジャケットが自宅に届くのを待つだけになります。

ダウンジャケットの保管方法

ダウンジャケットを長持ちさせるには、保管方法にも気をつけなければなりません。シーズンオフ後のダウンジャケットを保管するときは、湿気に注意する必要があります。特に暑い夏は湿気がこもりやすいので、エアコンや乾燥剤などを使って部屋の温度と湿度を管理しましょう。

ダウンジャケットをクリーニングに出すと必ず、ビニール袋で綺麗に梱包されて戻ってきますが、保管するときは必ずそのビニール袋を取っておいてください。ビニールをかけたまま保管してしまうと、湿気が溜まりやすくなり、カビが発生してしまいます。どうしても梱包袋を使用したいというときは、不織布素材のカバーを使用しましょう。不織布素材の梱包袋であれば、通気性を保ちながらホコリから衣服を守ることができます。保管するときに防虫剤を利用すれば、さらに安心です。

カジタクのクリーニング保管はコチラ!