壁のヤニ汚れに困っている方必見!簡単ヤニ取り方法

家族に喫煙者がいると、気になってくるのが壁に付着したヤニ汚れです。着いてすぐなら比較的簡単に落とすことができるのですが、つい後回しにしているうちに汚れは頑固になっていき、いざ掃除しようとしたときにはもう拭いただけでは落ちない、といった事態になってしまうことも少なくありません。ここでは、タバコのヤニで汚れた壁を掃除するときのコツや注意点について解説しています。

壁に汚れが…!

床掃除はまめにしているけれど、壁はつい放っておきがち、という人は多いでしょう。そのため、壁の汚れは気付かないうちに積み重なってしまうものなのです。壁は部屋の中でも面積が大きいので、ここが汚れていると部屋全体が汚く見えてしまいます。高い場所や家具の裏など手が届きにくい場所も多いですが、定期的にしっかりとした掃除を行うことが大切です。

壁にはいろいろな汚れが付着しますが、家族にタバコを吸う人がいると気になるのがヤニ汚れです。タバコによる汚れは、壁だけではなく部屋全体にも影響を及ぼします。広範囲に黄ばんだ汚れが広がっているようなら、ヤニと考えて間違いないでしょう。

見た目が悪いのはもちろんですが、汚れがひどくなってくると臭いも発生するようになるので注意が必要です。

タバコで壁が汚れる原因

そもそも、なぜ部屋の中でタバコを吸っただけで壁が汚れてしまうのでしょうか。ヤニ汚れが発生する理由、それはタバコに含まれているタールにあります。このタールの別名がヤニなのです。タールは植物性樹脂のことで、タバコの煙に含まれている有毒物質の総称を指します。

ヘビースモーカーで歯が茶色くなってしまっている人がよくいますが、それもタールの性質によるものなのです。よく「タバコは体に悪い」と言われますが、タールは熱で燻されることでタバコから発生、吸っている人の体に入るだけではなく、煙に乗って周囲の様々なものに付着します。

壁のヤニ汚れは、このタールが蓄積したものなのです。タールは「松ヤニ」と同じ植物性樹脂。粘着性があり、一度蓄積してしまうと簡単には落とせません。綺麗に掃除するためには、しっかりとコツを押さえる必要があるのです。

ヤニ取りに必要なもの

壁に付着した汚れは、基本的には洗剤をスプレーして拭き取ることで落としていきます。しかしヤニ汚れは壁の細かなデコボコ面に入り込んでしまうため、単に洗剤をスプレーして拭くだけでは落とせません。

まずは道具を揃えましょう。雑巾は濡れ拭き用と乾拭き用の2枚を用意しておきましょう。洗剤は油性のタールに強いアルカリ性の物を用意。専用のものを用意する必要はないので、買いに走る前に自宅の洗剤をチェックしましょう。

壁掃除では、洗剤を吹き付けるための霧吹きもあると便利です。スポンジやブラシはどんな種類のものでも大丈夫。台所用やメラニンスポンジなど、家にあるものを持ってきましょう。また、壁のデコボコや細かい部分に入り込んだ汚れを落とすために、歯ブラシがあると便利です。

ヤニで汚れた壁の掃除方法

ヤニにアプローチする前に、掃除機やハタキを使って壁のホコリを取り除いておきましょう。それが終わってから、汚れの部分に洗剤を直接吹き付けます。そして吹き付けた箇所を、スポンジやブラシを使って優しく擦っていきます。

力を入れ過ぎてしまうと、壁紙を傷める原因になります。汚れを落とすことだけに集中するのではなく、壁紙の様子を見ながら進めることが大切です。

擦っていくとヤニ汚れは浮いてきます。そのままにしておくとまた壁に染み込んでしまうので、こまめに拭き取りましょう。ヤニ汚れを落としたら、最後の仕上げに水拭きを行います。これで洗剤とヤニを残さず壁から取り除きましょう。更に乾拭きをして余分な水分を取り除いて完了です。

キレイに汚れを落とすポイント

ヤニを綺麗に落とすためには、少しずつ洗剤を吹き付けて擦っていくことが大切です。一気に広範囲に洗剤を吹き付けてしまうと、垂れ筋ができたりムラになったりする原因になります。一気に掃除してしまいたい気持ちをぐっと押さえて、少しずつ進めていくことが大切です。

浮いた汚れは滴り落ちやすいため、こまめに拭き取れるよう予め多めに雑巾を用意しておくと、掃除がやりやすくなります。洗剤の強さにも注意が必要です。洗浄力の強い洗剤は掃除の心強い味方ですが、強い洗剤はクロスの変色を招くことがあります。掃除を始める前に目立たない場所で試しておきましょう。

また、壁紙のつなぎ目部分に洗剤を付けると、そこから水分が入り込んで剥がれの原因になります。つなぎ目部分を確認してから洗剤を使うようにしてください。

こまめなお手入れを

壁に蓄積したヤニは、なかなか完璧に落とすことができません。綺麗にしようと奮闘した結果、かえってヤニ汚れが目立ってしまったり、壁紙を傷めてしまったりすることも少なくないのです。

そのため、壁を綺麗に保つためには、ヤニ汚れが蓄積する前にこまめに掃除を行うことが大切になります。月1回や2ヶ月に1回など、頻度を決めておきこまめに手入れする習慣をつけるといいでしょう。

ヤニが付かないようにタバコの吸い方を工夫することも、汚れ防止になります。換気扇を回してその下でタバコを吸うようにすると、かなりヤニ汚れを予防することができます。

空気清浄器を設置し、そこに煙を吐き出すようにするのも有効です。清浄機のフィルターがヤニを吸着してくれるので、壁が汚れるのを防ぐことができます。汚れが付く前に対策を打って、掃除の手間を減らしていきましょう。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!