【流せるトイレブラシ】メリット・デメリットとおすすめ商品!

トイレが汚れているのは家族にとっても,とてもストレスになります。でもお掃除もストレスですよね。手が汚れるのも気になるし、特にふち裏の掃除に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?また掃除の後のブラシの保管も気になるところです。カビが生えてしまうことも珍しくありません。この記事では、流せるトイレブラシの中でも使い勝手のいい商品をご紹介します。

流せるトイレブラシのメリットとデメリット

流せるトイレブラシの良さは、汚れたものをそのまま捨てられることです。普通のトイレブラシの場合には、トイレ掃除をした後に今度はそのブラシを洗わなければなりません。

水洗の水でブラシを洗って濡れたままのブラシをブラシホルダに入れておくことにストレスを感じている人も多いことでしょう。ブラシホルダ―の中にカビが生えて、今度はブラシホルダ―の掃除をする羽目になってしまいます。

流せるトイレブラシならそういう面倒なことから解放されます。また流せるトイレブラシには洗剤が染み込ませてあるので、いちいち洗剤を用意する必要がありません。手軽にお掃除できるのでお掃除の頻度が増えトイレをいつも清潔に保てるのです。

多くの主婦の方はトイレ掃除を済ませた後、洗濯ものをとりいれたり、時には炊事をするようなこともあります。そういったタイミングでは手の汚れがとても気になります。しっかり洗ったとしても、トイレ掃除の後に洗濯物を触ったり食器を触ったりすることには抵抗を感じるものです。流せるトイレブラシなら取り出して使ってそのまま流せるので手が汚れません。そのあと、家事をするのに抵抗感が和らぐのも大きなメリットです。

ただし、流せるトイレブラシにもデメリットはあります。商品によって使い勝手の差があって一概には言えませんが、どの商品にも共通するデメリットが経済的な問題です。使い捨てなので、掃除のたびに費用が掛かります。

小さなお子様がいらっしゃったりすると、トイレを汚すことも多いので、そのたびにブラシを使い捨てるのがもったいないような気がしますよね。流せるトイレブラシを使うなら、この費用を使っても納得できるだけの使い勝手の良さが欲しいものです。

ふち裏磨きが簡単かどうかが大きなポイント

多くのご家庭の便器にはふち裏があります。ふち裏の汚れはトイレの臭いの原因になります。ピカピカに磨いていてもふち裏が汚れていると嫌な臭いがトイレに立ちこめる原因になるのです。

気になる人はトイレシートで何度もふち裏を拭いて、そのあとには自分の手の汚れが気になってしょうがないということも少なくありません。近年はふち裏のない便器も増えてきましたが、ふち裏がないトイレにもふちの下に溝があります。こういった部分をきれいに洗うには、ブラシだけではなくトンングの形状にも工夫が要ります。

この工夫が行き届いているのがジョンソンのスクラビングバブル トイレ洗剤 流せるトイレブラシです。トングの先のカーブが絶妙でトイレのふち裏にうまくブラシが届くようになっています。この形状なら便器の中に手を深くいれて磨きにくいふち裏をゴシゴシこする必要がなくなります。

それに、ブラシに染み込ませてある洗剤も洗浄力が高く高評価です。洗った後の便器に汚れが付きにくくする効果もあります。掃除が楽になり、その上に掃除をする頻度を減らすことができるのです。

流せるトイレブラシはトングとの組み合わせが大事

流せるトイレブラシを便利に使うためにはトイレ用のトングにも工夫が必要です。多くの流せるトイレブラシは別売りのトングがあります。このトングがブラシの使い勝手を大いに左右します。

基本の機能として着脱がワンタッチ式であることが大切です。これがなければ手を汚さないでトイレ掃除を済ませることはできないのです。また長いトングは立ち姿勢のままで掃除ができるので楽です。その反面狭いトイレや小さめの便器には使い勝手が悪くなってしまいます。

トイレ自体が狭い場合や便器が小さい場合には長いトングだと手前側のふち裏はとても磨きにくいです。またトングの先が便座に当たったり、下手をすると便座部分に傷をつけてしまうこともあるかもしれません。

流せるトイレブラシを上手に使いこなすためには、トイレの大きさによってトングを使い分けるのがおすすめです。レックの流せるトイレクリーナ用のトングはラバー加工されていて便器に傷をつける心配がありません。サイズは7×5×26.5センチと小ぶりなので狭い場所でも小回りが利いて便利です。

スクラビングバブルの流せるトイレブラシワンセットに加えてレックのトングも用意しておくととても便利ですよ。両方ともコンパクトに立てて置けるようになっているので邪魔になることもありません。

ブラシとトングの組み合わせに成功すれば費用にも納得!

流せるトイレブラシはブラシそのものの洗浄能力だけではなく、トングとの組み合わせで使い勝手が大きく変わります。自宅のトイレに合う組み合わせを見つけることが大切です。

うまく組み合わせれば、掃除が簡単でしかも頻度を減らすことになるので、掃除の度に消費する費用面のデメリットもストレス軽減と考えて納得して使うことができます。

カジタクのトイレクリーニングはコチラ!