生ゴミのイヤな臭いとさよなら!簡単に出来る処理の方法とは

バナナの皮をゴミ箱に捨てようとしている

掃除をこまめにしていても、なんとなくキッチンにイヤな臭いが漂っているなんて経験ありませんか?そのままにしておくと、虫が湧いてしまったり菌が繁殖してしまうことも。そこで今回は生ゴミの適切な処理の仕方についてご紹介していきます。生ゴミの処理の基本が分かれば、エコにも繋がるのでぜひ参考にしてみてくださいね♪

生ゴミの臭いの原因とは?

鼻をつまんでいる女性

生ゴミの臭いの原因はズバリ「腐敗」です!温度・水分・栄養が主な原因で、その中の栄養を主食とする微生物によりさらに腐敗は進行するのです。まずは、この4つを減らすことが、イヤな臭いを軽減させるポイントになります。では、普段から出来る処理は何をすれば良いのでしょうか?

ゴムベラで汚れをこそぎ取る

黄色いゴムベラ

イヤな臭いはシンクの三角コーナーからだけではありません!食器やフライパンに残ったカスや油が排水口に流れることで臭いの原因になることも。そうならないために、食べカスやフライパンを洗う前にゴムベラやスクレーパーを使ってあらかじめ汚れをこそぎ落とすのがオススメです。落とした汚れは、古紙に包んで普段と同じようにゴミに捨ててしまえばOK!

新聞紙で水分を吸い取る

新聞紙を持っている女性

読み終わった新聞紙、ただ捨ててしまうのは勿体ないです!新聞紙には高い吸水性があり、生ゴミの処理には最適なアイテムなんですよ♪調理で出た野菜のクズや魚の骨などを新聞紙にくるんで捨てると、余計な水分を吸い取り臭いも少なく済みます。

古紙で三角コーナーを

不要な新聞紙やチラシで、箱を作っておくのもオススメ。シンクの三角コーナーとは別に古紙の箱を用意し、水分の多いゴミはそちらにいれるようにしましょう。このひと手間で、イヤな臭いも軽減されるはずです!

クエン酸スプレーも効果的

クエン酸とレモン

水200mlに対してクエン酸を小さじ1混ぜたものを臭いの気になるところに噴きかけるのも効果的ですよ。クエン酸には除菌効果があるので菌の繁殖を防いでくれます。クエン酸がご家庭にないという場合はお酢やレモン汁でも代用が出来ますので、ぜひ試してみてくださいね。

最後に

生ゴミの量はご家庭によって様々です。臭いの度合いも違うと思いますが、イヤな臭いは誰でも顔を背けたくなりますよね。普段の調理の後に、ひと手間を加えるだけで菌の繁殖も腐敗集も軽減できるのです!出来るところからコツコツと始めて、イヤな臭いの一切しないキッチンで毎日を快適に過ごしましょう♪
カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!