型崩れを防ぐ!家で平干しをする方法

洗濯物を干す際の悩みといえば服の種類や素材によって型崩れが起きてしまうことです。セーターなど形が崩れやすいものは「平干し」が型崩れの防止になるとよくいわれていますが、平干しとはどのような干し方なのでしょうか。この記事では、型崩れ防止に効果的な平干しのやり方、平干し用の便利グッズなどについて、詳しく解説します。

平干しとはどんな干し方?平干しが必須の衣類とは?

平干しとは、その名の通り洗濯が終了した衣類を平に広げて干すことです。ハンガーにかけたり平にしないで吊ったりする干し方だと、生地に負担がかかって伸びてしまい形が崩れてしまいます。しかし、平にすれば負担が分散されて伸びる心配はありません。

ニットのセーターなどは素材がデリケートのため、伸びやすくて形崩れが起きやすいので平干しが必須といわれています。平干しが必要な衣類なのかどうかを見極める方法は、衣類に付いている洗濯表示を確認することです。

正方形のなかに横に線が1本走っているマークは平干し、斜めの線の場合は平干し・陰干しのマークです。なかにはマークがなくても文章で平干し必須の説明をしている衣類もあるので、注意しなければいけません。

平干し、具体的にどうやればいいの?

平干しをするには、衣類を平にできる空間があること・通気性の良さをキープして干すことが大事です。これらの条件を満たすためには通常とは異なる干し方をしなければいけません。平干しをするには具体的にどんな方法があるのか、以下より4つの方法を紹介します。

#ピンチハンガーを使った平干し

ピンチハンガーで普通に吊るして干すと型崩れをするので工夫した干し方をする必要があります。平干しをしなくてもいい洗濯物は通常通り洗濯ばさみで挟んで吊るしてもいいですが、平干しが必要な洗濯物はピンチハンガーの上を利用しましょう。

上の空いている面積に置く干し方であれば生地に負担がかかることはありません。ピンチハンガーの大きさが大きければ大きいほど、平干しはやりやすくなります。

#バスタオル・タオルハンガーを使った平干し

自宅にバスタオル・タオルハンガーがあれば、そのまま衣類をかけて平干しができます。ほかの洗濯物と重なる心配もないので通気性も十分に確保可能です。吊るすわけではなくかけるだけのなので、生地に負担がかかり伸びることもありません。

#洗濯かごを使った平干し

洗濯する汚れ物や洗濯が終了したものを入れる洗濯かごで、四角いメッシュ型のカゴを利用している人は、これを平干しのために応用しましょう。かごを逆さま、あるいは、横に置いてその上に洗濯物を広げて置けば平干しになります。かごはメッシュで穴がいくつも空いているので通気性も良いです。

#ハンガーを使った平干し

ハンガーを余分に持っていた場合、複数のハンガーを使うことによって平干しができます。ハンガーを複数かけて並べるとハンガーの下方にある横棒が連なります。その上に洗濯物を置くと平干しの完了です。服よりもマフラーのような形状のものが、この方法だとやりやすいでしょう。

平干し専用のアイテムとは?そのメリットは?

平干しをする専用の便利なアイテムもあります。それは「平干しネット」です。これは洗濯物を置くための平に広がったネットがあるアイテムでさまざまなタイプが各メーカーから販売されています。このアイテムにはどんなメリットがあるのか次より並べてみました。

#平干しをするための条件をすべてクリアできる

平干しに必要なのは、衣類に負荷をかけない・通気性の確保です。平干しをするためのこの2つの条件を満たそうとしても、自宅の環境によっては難しい場合もあります。

しかし、平干しネットがあれば、衣類をただ置くだけなので負荷がかからず型崩れの心配はありません。また、ネットなので通気性は十分です。このアイテムがあれば平干しの条件をすべて満たすことができます。

#場所をとらない

平干しは衣類を広げる必要があるので、それなりのスペースが必要になります。しかし、平干しネットは2〜3段重ねタイプ・ハンモックタイプもあるので、わずかなスペースで平干しが可能です。自宅が狭くて思うように平干しができない人もこのアイテムがあれば平干しがスムーズにできます。また、製品によっては折りたたみ可能なものもあるので、利用していないときも場所をとりません。

#手間がかからない

平干しネットは平干しに対応した広々としたネットが特徴です。広さに余裕があって通気性のあるネットなので、ただ置くだけで平干しは完了します。また、平干しが必須ではない下着やリストバンド、ぬいぐるみや帽子などの洗濯物もただ置くだけであとは乾くのを待つだけです。通常の洗濯物のように吊るす手間がかかりません。

平干しを知っておかないとお気に入りの洋服がだいなしに!平干しの重要性をしっかりと認識しよう!

洗濯は、ただ洗濯をすれば終了ではありません。生地によっては干し方も考えて行わないと型崩れをしてしまい、お気に入りの服がだいなしになる可能性もあります。そのため、どの服に平干しをすればいいのか・平干しはどんな方法で行えばいいのかを、しっかりと理解することが大事です。また、平干しのための便利なアイテムも多数販売されているので、チェックしておけば平干しを手間をかけることなく行うことができるでしょう。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!