エアコン内部の洗浄は個人でも可能?プロの洗浄方法を解説

エアコン内部の洗浄は個人でも可能?プロの洗浄方法を解説

エアコンは、生活環境を快適にする便利な家電です。しかし、適切な掃除をしないまま使い続けていると、多くの問題が発生するもの。フィルターにほこりが詰まっていると、空気を取り込む効率が下がり、電気代が余計にかかってしまいます。また、エアコン内部に発生したカビを放置していると、においで不快な思いをするだけでなく、喘息やアレルギー症状などの健康被害が出るおそれもあるでしょう。そのような事態に陥らないためにも、エアコンの掃除は定期的にするべきです。
とはいっても、エアコンは精密機器ですから、カバーやフィルターといった部分はともかく、エアコンの内部を不用意に洗浄しようとすると、故障してしまうこともあります。そこで、エアコン掃除を個人でする方法や、掃除業者に依頼した場合の掃除方法などについてご紹介します。

エアコンの掃除は個人でどこまでできる?

エアコンは、さまざまな部品や周辺機器によって構成されています。そこで、部品や周辺機器ごとに、どのように掃除をすればいいのかご紹介します。

カバーの拭き掃除

エアコン本体のカバーについた汚れは、拭き掃除で落とします。壁掛け式のエアコンの場合、上部にほこりが溜まっていることが多いので、大きなほこりは掃除機で吸い取り、小さなほこりは乾いたタオルなどで拭き取りましょう。
次に、カバー全体をタオルで水拭きします。タオルに水分が多く含まれていると、エアコン内部に水が入ってしまい、部品の劣化や破損につながる可能性があるため、必ず固く絞った状態で拭いてください。水拭きだけで汚れが落ちにくい場合は、タオルをマイクロファイバークロスに替えたり、ぬるま湯で拭いたりします。それでも落ちにくい場合は、中性洗剤などを使いますが、洗剤成分がカバーに残留すると、劣化して割れてしまうこともあるので、再度水拭きをするなどしてください。
また、いくら汚れがひどい場合でも、メラミンスポンジで拭いはいけません。メラミンスポンジでエアコンのカバーを拭くと、エアコンのカバーに傷がついてしまうことがあります。

フィルターのほこり掃除

エアコンフィルターの掃除も、比較的簡単です。まず、エアコンの前面パネルを開けてフィルターを外し、表面に掃除機をかけて大きなほこりを吸い取ります。次に、ほこりがついていない側からシャワーをあてて、水洗いをしましょう。水圧だけで落ちないほこりは、ブラシなどで軽くこすって落とします。
エアコンフィルターの掃除で注意したいのは、完全に乾燥させてから本体に戻すこと。濡れたままエアコンに戻すと、ほこりが固まりやすくなり、早期にカビが発生する原因にもなります。
また、エアコンフィルターを掃除したときに、フィルターの目が歪んでしまっていたら、指で押して調整してください。もし、フィルターに2~3cm以上の穴が開いていたら、交換することをおすすめします。

室外機の掃除

エアコン室外機の掃除も簡単です。室外機はあまり掃除をしなくても問題ないことがほとんどですが、ほこりなどが溜まると、稼働効率が落ちて電気代が高くなることもありますので、定期的な掃除がおすすめです。
室外機を掃除する場合は、ホースの水で直接洗浄をするか、バケツなどを使って水をかけます。室外機は内部のモーターにもきちんと防水加工が施されているため、直接水をかけてしまっても問題ありません。

エアコン内部を洗浄する方法は?

エアコンの本体カバーやフィルター掃除だけでなく、個人で内部を洗浄したい場合はどうしたらいいのでしょうか。カジタクの回答としては、個人で内部洗浄をするのはおすすめできません。不用意にいじった部品を破損させてしまったり、水濡れ厳禁の部品を濡らしてしまったりするほか、洗浄水で周囲を汚してしまったり、鋭利な部品をさわってケガをしたりするケースが多いからです。

どうしても内部の汚れが気になる場合は、ルーバーと呼ばれる風向きを変える部品を拭き掃除するぐらいにしておきましょう。とはいえ、ルーバーも強引に動かすと、軸を破損したり、接続しているモーターが壊れたりしてしまうリスクがあるので要注意です。
また、エアコンの内部を個人で洗浄できるエアコンクリーナー(スプレー洗浄剤)なども販売されていますが、使い方を誤ると部品を壊してしまうこともありますし、最悪の場合は漏電して火災が起こる可能性もあります。使う場合は、商品についている注意書きをしっかり読んでからにしてください。

エアコン内部の洗浄は掃除業者に任せよう

個人でエアコンの内部洗浄を行うと、故障やケガなどのリスクが高くなるため、専門業者に掃除を依頼するのがおすすめです。
続いては、プロにエアコン掃除を依頼した場合の作業内容を詳しくご紹介します。なお、オプション作業については、すべての業者が対応しているわけではありませんのでご注意ください。

エアコンを分解して高圧洗浄

掃除業者は、エアコンの内部洗浄をするために分解作業を行います。エアコン本体のカバーや前面パネル、フィルター、ルーバーなどを取り外し、お掃除機能つきエアコンの場合はお掃除ユニットまで分解。さらに、高圧洗浄機を使って、空気の温度調節を行う熱交換器や吹き出し口などを洗浄します。

掃除業者は高度な掃除技術がある

エアコンは精密機器のため、部品の知識がない人が内部を洗浄しようとすると、壊してしまうリスクがあります。その点、掃除業者であれば、知識も経験も豊富にあるため、故障のリスクはほとんどありません。
掃除業者が洗浄している最中にエアコンが壊れてしまっても、業者が加入している損害保険である程度カバーしてもらえるので、もしものことがあっても安心です。

複雑な構造のお掃除機能つきエアコンも対応

お掃除機能つきタイプや天井埋込型など、特殊なエアコンでも、掃除業者であれば掃除することが可能です。
特に、お掃除機能つきエアコンは構造が複雑なため、分解作業に時間がかかります。個人による分解作業はほぼ不可能なので、お掃除機能つきタイプのエアコン掃除は、プロに任せましょう。

内部洗浄のオプションも多数用意

空気を循環させるクロスフローファンと、結露で発生した水を受け止めるドレンパンの洗浄は、オプションとして設定している掃除業者がほとんどです。カジタクでは、クロスフローファンの洗浄にはオプションで対応しておりますが、ドレンパンの洗浄については、エアコンの機種や対応スタッフによっては承れない場合もあるため、依頼前に必ず問い合わせてください。

また、抗菌コートなどの、カビの発生を長期間防止するコーティングオプションもおすすめです。
カジタクでは、掃除後の美しさが長持ちする「防カビコーティング」を無料で実施しています。また、3,300円で実施しているオールチタンコーティングも大変好評です。
カジタクが実施しているエアコン掃除のオプションについては、下記のページを参考にしてください。

エアコンクリーニング 見積不要!¥13,200~|カジタク(イオングループ)

エアコン内部を洗浄するなら掃除のプロに依頼しよう

エアコン掃除を業者に依頼すると聞くと、とても高い料金を想像する人もいるでしょう。しかし、スタンダードなエアコンであれば1万~1万5,000円程で、掃除の時間も節約できますから、それほど高いものではありません。しかも、掃除業者に依頼すれば、個人ではできない内部洗浄も行ってくれます。

カジタクでは、壁掛けタイプのエアコン掃除なら1万3,200円(税込)で作業時間は90分、お掃除機能つきタイプなら2万1,780円(税込)で作業時間は150分程度で実施しています。ぜひ、依頼をご検討ください。

banner_エアコンCP

ハウスクリーニングならカジタクがオススメ!

カジタクではハウスクリーニングサービスを行っています。カジタクのオススメポイント!

  • 日本全国どこでもサービスいたします!
  • 安心のイオングループ
  • 簡単web予約!面倒な事前の見積もり訪問・追加料金はありません!※1
  • クオリティに自信あり!満足出来ない場合は無料でやり直します!

ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

※1 エアコンの通常タイプからお掃除付タイプへの変更は差額料金が発生します。
※2 本サービスの利用規約、補償規定に従ってのご対応となります。

人気のオススメ記事はコチラ