今日からすぐに実践出来る!ご家庭の浴室のカビを防止する方法

浴槽にお湯が張ってある

家事や育児、仕事の疲れを癒すのはお風呂という方も多いのではないでしょうか。そんなリラックスタイムの大敵が浴室のカビです。壁や床などに黒い斑点のようなカビがあると気になってリラックスできませんよね。リラックスタイムを気持ちよく過ごすためにもカビが生えないような対策をしましょう。

なぜカビが生えるのか

真っ白でキレイな浴室

浴室は高温・多湿でカビにとっては天国のような環境なので放っておくとすぐに繁殖してしまいます。そのカビをそのままにしておくと、床や壁などに固着し掃除では落としにくい頑固な汚れとなってしまうのです。

今すぐ出来るカビ対策

シャワーを出しっぱなしにしている

カビは湿度の高いところに生えるので、浴室内の湿度を下げることが重要なポイントになってきます。脱衣所も浴室の湯気で湿度が高くなる場所なので注意が必要です。

冷水シャワー

カビは高温・多湿を好むので湿度と温度を下げることがカビ対策になります。入浴後に冷水のシャワーを出し浴室の温度を下げてから、窓を開け換気扇を1時間以上まわしましょう。これだけでも湿度も温度も下がるのでカビの繁殖を抑制することが出来ます。

石鹸カスを無くす

温度・湿度の他に、浴室に飛び散ったシャンプーや石鹸カスが壁や床などに付着するのもカビが発生する原因の一つでもあります。先ほどの冷水シャワーのときに、ついでにヌルヌル汚れも手で擦って落としましょう。ヌメリなどの汚れも放置しておくと水分を保った状態が続くことになるので、いずれはカビになってしまします。

水分を残さない

シャワーで浴室全体の湿度と温度を下げた後は水分を拭き取ると、よりカビを抑える対策になります。「毎日するのは面倒」「時間がない」という方はカラリとするまで換気扇をまわすこともオススメです。

もしカビが生えてしまったら

重曹とレモンのアップ

もしもカビが生えてしまったら、クエン酸(お酢・レモンでも代用可)を水と混ぜスプレー容器に入れ、カビを落としたい箇所に吹きかけてスポンジや使い古した歯ブラシなどで擦ると汚れが落ちますよ。頑固な汚れの場合は重曹とクエン酸のダブル使いでカビを根こそぎ落としてしまいましょう。

最後に

カビはすぐ生えますが、掃除でカビ汚れを落とすのは一苦労。そうならないためにもカビを生やさないようにする対策を普段から行うことが重要です。もしカビを見つけたらクエン酸と重曹を使ってみてください。どうしても落ちないカビを見つけたら、プロの浴室クリーニングにお願いしましょう。徹底的にカビや汚れを掃除してくれますよ♪
カジタクの浴室クリーニングを見る

浴室クリーニングを頼むならカジタク!

汚れの種類や場所に合わせてプロが機材・洗剤を使い分け、カビや水垢等のしつこい汚れを徹底洗浄し、浴槽から壁・床・扉などをピカピカに
花王と共同で使用洗剤を厳選しているから、安心してお掃除をおまかせください!

浴室クリーニングのビフォー・アフター

浴室クリーニングをプロに頼むなら実績があるカジタクがオススメ

浴室がキレイになると、毎日気持ちよくお風呂に入ることができますよ。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

カジタクの浴室クリーニングを見る

人気のオススメ記事はコチラ